子どものハミガキの習慣付けに悩むママも多いのでは?毎日のハミガキが待ち遠しくなる丹平製薬の「ハミケア」を、読者親子が試してみました。

index目次

「ハミケア」でおいしく楽しいハミガキ習慣を

キシリトールを配合。おやすみの前の使用もOK

「ハミケア」25g・メーカー希望小売価格648円。左から、グレープ風味・いちご風味・ピーチ風味

丹平製薬の「ハミケア」は、スプレータイプのオーラルケア商品。ハミガキをした後にお口にプッシュすれば、やさしい甘さが口の中に広がります。虫歯の原因となる糖類を含まず、キシリトールを配合しているので、おやすみ前でも使用OK。毎日のハミガキタイムを楽しくサポートしてくれます。

「ハミケア」詳しくはこちらから

ハミガキ後のご褒美に◎子どものお気に入りに

「仕事や家事で忙しい中でも、3人の子どものオーラルケアは丁寧に心掛けています」と読者の野村みかさん。おかげで子ども全員、現在は虫歯ゼロなのだそう。ただ、「気分次第で、仕上げ磨きが途中で終わってしまうことも」と話します。

野村みかさん(41歳)と桔ノ介くん(2歳)、お兄ちゃんの椎介くん(4歳)

「ハミケア」を試してくれたのは、三男の桔ノ介(きちのすけ)くん。仕上げ磨き後に、大きく開けたお口にシュッとスプレーすると、「いちご味がおいしい!」と笑顔を見せてくれました。「ハミガキ後のご褒美感覚で使えるのが魅力ですね。楽しみながら、ハミガキ習慣が身に付きそう」と、みかさんは感想を聞かせてくれました。

ご褒美の「ハミケア」があるから、仕上げ磨きも頑張れるよね

ママは毎日のハミガキに四苦八苦

子どものハミガキで、磨き残しを不安に思うことはある?

データはぎゅってWebで2020年8月21日〜27日に実施したアンケートから。n=284

お悩みコメント

  • ハミガキのたびに大暴れ。ハミガキの絵本を読んだり、ぬいぐるみとハミガキをしたり工夫しているけれど、改善されない(大阪府)
  • 毎回磨き始めるまでに時間がかかり、私も息子も精神的に疲れてしまう(神奈川県)
  • 逃げ回って磨かせてくれない。どうしたらハミガキに興味を持つのか知りたい(東京都)

ママの疑問にアドバイス

子どものハミガキでママが疑問に思う点について専門家に聞きました。

教えてくれたのは

児玉秀樹先生ナチュラルスマイル西宮北口歯科院長

親子に向けて、ハミガキの大切さを伝える啓蒙(けいもう)活動を展開しています。

Q.生え始めのハミガキの方法は?(大阪府)
A.まずは歯ブラシを口に入れる練習を。歯ブラシはボロボロになってもOK。仕上げ磨き用に別の歯ブラシを用意して。
Q.イヤイヤ期の歯磨きのコツって?(東京都)
A.子どもたちは、大人の真似をして学習します。例えば、子どもがママやパパの仕上げ歯磨きをするなど、遊びの要素を交えるとハミガキが楽しくなりますよ。
Q.うがいはどう覚えさせたらいい?(東京都)
A.「クジラさんゲーム」(ペッうがいの練習)や「カエルさんゲーム」(グジュグジュうがいの練習)で練習を。詳しくはHPを確認してくださいね。
PR: 丹平製薬