いつものサラダもリースやクリスマスツリー型にデコレーションするだけで、あっという間にクリスマス気分!サラダのキレイな盛り方のコツと、手作りシーザードレッシングの作り方も紹介します。

index目次


今年はおうちでクリスマスを過ごす人が多いのではないでしょうか。そうなると準備がなかなか大変…。だけど、メインは購入、サラダだけ手作り、というのもアリだと思います!

2歳の娘はあまりサラダが好きではありません。キレイな色の葉を見ると「食べてみたい!」とは思うようですが、いざ食べるとすぐに出してしまいます。

そこでドレッシングを変えてみると、急に食べるようになりました。いま一番お気に入りのドレッシングが、今回紹介する「シーザードレッシング」。アンチョビが入っているのでダメかな?と思ったのですが、意外といけるみたいです。お子さんによっては苦手かもしれませんので、その場合はアンチョビなしで作ってみてくださいね!

子どもに食べてもらうには、好きな野菜も一緒に混ぜるのも重要。紹介する野菜以外にも、りんごやオレンジ、レーズンなどを入れるのも良いと思います。お好みでいろいろなものを盛り付けてくださいね。

ミニトマトやゆで野菜、ゆで卵などを加えた、彩りもよく食感も楽しめるサラダです。

クリスマスサラダ

材料(2~3人分)

  • 葉野菜(ミックスハーブなど)…適宜
  • ミニトマト…4個
  • ゆで卵…2個
  • ブロッコリー…1/6個分
  • インゲン…3本
  • ジャガイモ…1個
  • ドレッシング…適量

作り方

  1. ブロッコリー、インゲンは食べやすい大きさに、ジャガイモは2cm角ほどに切り、耐熱容器に入れ水に5分程さらしてから、それぞれゆでる
  2. ゆで卵、ミニトマトは4等分に切り、葉野菜は冷水にさらしてシャキッとさせて水気を切る
  3. すべての材料をリース型に盛り付けドレッシングを回しかける

シーザードレッシング

材料(2~3人分)

  • ヨーグルト(プレーン)…大さじ3
  • マヨネーズ…大さじ1
  • アンチョビ…1切れ
  • おろしにんにく…少々
  • オリーブオイル…大さじ1/2
  • レモン汁…小さじ1
  • 粉チーズ…小さじ1~2

作り方

  1. アンチョビを細かいみじん切りにする
  2. すべての材料をボウルに入れて混ぜる

粉チーズが入らないとよりさらっとして酸味がたつ「ヨーグルトドレッシング」になります。こちらも好評です。甘みを足したいときには、砂糖やはちみつをプラスしてみてください。

サラダを盛るポイント

ポイントは4つ。

  1. 葉野菜はふんわり置くペタっとならないよう、手や菜箸でふんわり形の土台を作ります
  2. 型崩れしない野菜で支えるジャガイモ、ブロッコリーで、葉野菜が崩れないよう下や横から支えるように配置します。葉野菜のふんわり感がつぶれないようにしましょう
  3. 細長いものは刺すように
    インゲンは菜箸で刺すように盛ると、より立体感が出ます
  4. ポイントカラーを配置する
    ゆで卵、ミニトマトなど、色のアクセントになるものを葉野菜がつぶれないよう置きます。このとき、断面が上になるようにするとシズル感が出てキレイです!下にジャガイモやブロッコリーを差し込むと安定しますよ

盛り付けは子どもも一緒に楽しめると思います(娘はつまみ食いばかりでしたが…笑)。ふんわり立体感が出るように、リースやツリーをイメージして楽しく盛りましょう!

よいクリスマスを☆

この記事を書いたライター

ライター一覧 arrow-right
田村佳奈子さん

フードスタイリスト、フードコーディネーター、フードアナリスト Web、雑誌、ドラマなどのレシピ開発やスタイリング、フードコーディネーターとして活動中。

田村佳奈子さんの記事一覧 v-right