ハロウィーンにおすすめ!冷凍パイシートで作る、バナナパイ、ジャムレーズンパイ、シュガーパイの3種類のレシピを紹介します。少ない材料で手順も簡単なので、子どもと一緒に作れますよ。

index目次

パイは生地から作るとなかなか手間ですが、冷凍パイシートは本当に便利。めん棒で伸ばさなくてもスグ使えるものもありますので、購入の際は裏面をチェックしてみてくださいね。

レシピではオーブンを使っていますが、パイはトースターでも焼けます。お使いの機種にもよりますが、1000Wで200℃くらいになりますので、焼き加減を見ながら調整してくださいね!

バナナパイ

まず紹介するのは「バナナパイ」。輪切りバナナをパイシートにのせて焼くだけ。レシピではお砂糖を使わず3つの材料で紹介していますが、お好みでグラニュー糖やシナモンシュガーを振りかけてもおいしいです。バニラアイスを添えるのも最高ですよ!

材料

  • 冷凍パイシート…1枚
  • バナナ…1~2本
  • 卵黄…1個

下ごしらえ

  • オーブンを200℃に予熱する
  • 卵黄をほぐしておく

作り方

  1. バナナは皮をむき輪切りにする。冷凍パイシートを取り出して、扱いやすい硬さになるまで室温で5~10分ほど解凍する
    ※パイ生地が柔らかくなり過ぎたときは冷蔵庫でもう一度冷やしましょう
  2. パイ生地をめん棒などで2mm程の厚さに延ばし8等分に切る。フォークで全面に空気穴を開け、バナナをのせ卵黄を塗る
  3. 冷たい天板にオーブンシートを敷き、2をのせ予熱した200℃のオーブンで10~15分焼き、粗熱を取る

ジャムレーズンパイ

2つめは「ジャムレーズンパイ」。いちごジャムにレーズンを混ぜるとレーズンがしっとりと仕上がり、甘酸っぱくておいしいです。分量は記載していますがお好みでOK。パイ生地に塗るときはレーズンを端にのせると、紫色がキレイに映える焼き上がりになりますよ!

材料

  • 冷凍パイシート…1枚
  • レーズン…小さじ2
  • いちごジャム…大さじ1
  • 卵黄…1個

下ごしらえ

  • オーブンを200℃に予熱する
  • 卵黄をほぐしておく
  • レーズンをお湯に10分ほど漬けて、キッチンペーパーで水気を拭く

作り方

  1. ジャムとレーズンを混ぜる。冷凍パイシートを取り出して、扱いやすい硬さになるまで室温で5~10分ほど解凍する
    ※パイ生地が柔らかくなり過ぎたときは冷蔵庫でもう一度冷やしましょう
  2. めん棒などで2mm程の厚さに延ばし8等分に切る。フォークで全面に空気穴を開け、ジャムレーズンをパイ生地の中央にのせ対角線の角を重ね、卵黄を塗る
  3. 冷たい天板にオーブンシートを敷き、2をのせ予熱した200℃のオーブンで10~15分焼き、粗熱を取る
  4. シュガーパイ

    3つめは「シュガーパイ」。今回はメープルシュガーで作っていますが、グラニュー糖やシナモンシュガーなどお好きなお砂糖で作ってみてくださいね!

    ポイントは卵黄を塗ってからお砂糖を振りかけること。そうするとお砂糖がしっかり付いてくれます。

    材料

    • 冷凍パイシート…1枚
    • メープルシュガー…適宜
    • 卵黄…1個

    下ごしらえ

    • オーブンを200℃に予熱する
    • 卵黄をほぐしておく

    作り方

    1. 冷凍パイシートを取り出して、扱いやすい硬さになるまで室温で5~10分ほど解凍する
      ※パイ生地が柔らかくなり過ぎたときは冷蔵庫でもう一度冷やしましょう
    2. めん棒などで2mm程の厚さに延ばし8等分を更に半分に切る。フォークで全面に空気穴を開け、卵黄を塗ったらメープルシュガーを振りかけ、生地をねじる
    3. 冷たい天板にオーブンシートを敷き、2をのせ予熱した200℃のオーブンで10~15分焼き、粗熱を取る
    4. 紹介したレシピは、パイ生地をめん棒で伸ばす、フォークで穴を開ける、バナナの皮をむく…など、子どもが出来る工程がたくさんあります。

      今回は娘と一緒に作ったので、多少いびつなものもありますが、それもご愛敬。自分で作ったものがどんな風に焼き上がるのかワクワクしながら待つのも楽しいものです。

      細かいことは気にせず、どんどんチャレンジしてもらいましょう!

この記事を書いたライター

ライター一覧 arrow-right
田村佳奈子さん

フードスタイリスト、フードコーディネーター、フードアナリスト Web、雑誌、ドラマなどのレシピ開発やスタイリング、フードコーディネーターとして活動中。

田村佳奈子さんの記事一覧 v-right