ふわふわと柔らかい身と食べやすい淡白な味のタラは、12〜1月が旬!今回は、タラの切り身とタラコの親子が主役のホイル焼きをご紹介します。マヨネーズとタラコを使った味付けは、子どもも大好き。手軽に作れるので、ぜひお試しくださいね。

海の親子deホイル焼き

材料 3人分
タラ切り身
3切れ
タラコ
20g弱(普通サイズの半分くらい)
マヨネーズ
大さじ2
レモン汁
小さじ1/2
長ネギ(緑の部分)
15cm程度
100ml程度
作り方
所要時間15~20
STEP1
タラは軽く塩を振っておき、でてきた水分をキッチンペーパーでふき取る。ネギは斜めに切る
STEP2
タラコのソースを作る。タラコは包丁で皮を破り中身を出し、マヨネーズ、レモン汁と混ぜておく
STEP3
大きめに切ったアルミホイルに軽くサラダ油(分量外)を塗り、タラの皮を下にして置く。タラの身にタラコのソースを塗り、ネギをまんべんなく置く
STEP4
アルミホイルでタラを包み、大きめのフライパンに並べる。くしゃくしゃに丸めるよりきちんと折った方が中の熱を逃がしにくい。水を入れ、フタをして、中火で10分から15分ほど加熱。蒸気を逃さないようにするため、フタはあまり開けない方が良い。タラに火が通ったら出来上がり

ちょっとした時短&アレンジポイント

タラコは、選び方で少し手間が減らせます。チューブ入りのタラコを使ったり、バラコ(薄皮を取り除き粒だけになった状態のタラコ)や最初から食べやすくカットされたタラコを使うと楽ですよ!

今回のレシピでは、手早く作れるようにネギのみを入れていますが、火の通りやすい野菜なら他でもおいしいと思います。エノキやシメジなどのキノコ類やモヤシなど、いろいろアレンジを楽しんで下さいね。

ホイル焼きって楽しいですよね!

魚のホイル焼きって、楽しいですよね。包みを開けた時にほわっと立ち上る香りを感じるのも、きれいな色の野菜とお魚を見た時の子どもの「わあっ」という表情を見るのも!

そして料理がおいしければ、家中が暖かな幸せに包まれるような気がします。
しかも、使用後のアルミホイルは洗わずにそのまま捨てられるという手軽さ!まさに忙しい晩御飯の救世主ですね。

冬は寒いですが、暖かくておいしいのに手軽にできる魚のホイル焼きを楽しんで下さいね!

この記事を書いたライター

ライター一覧 arrow-right
岬 さちこさん

岬さちこと申します。時間がないときや体調が良くないときでも、ささっと作れる時短料理を紹介します。忙しいお母さんの参考になれば幸いです。

岬 さちこさんの記事一覧 v-right