冬にキャンプなんて考えられない!そう思っていた私ですが、あるアイテムとキャンプ場のおかげで楽しく快適に過ごすことができました。冬キャンプを始めようとしている人必見です。

index目次

冬キャンプのきっかけ

キャンプ=テントで寝る
テントで寝る=外で寝る

そう思っていた私なので、冬はキャンプはお休みかと勝手に思っていましたが、冬のキャンプをやってこそ本物のキャンパーとパパから何度も何度も言われて、今年はキャンプを始めてから初めての冬のキャンプに挑戦しました。

冬のキャンプに必要なものとは

電源サイト

そもそもキャンプ場は山の中や湖沿い、川沿いなど自然の中にあるところがほとんどなので、夏でも都会に比べたら比較的涼しい所が多いです。つまり、冬は劇的に寒いということ。これは百も承知で分かっていたので、まず冬キャンプに必要なもののひとつに。夏のキャンプには必須ではなかった電源サイトの予約があります。

電源サイトが必要な理由は、電気ホットカーペットが使用できるということです。これがあるとないとでは体感温度が全く違います。ホットカーペットを使用することで冷たい地面から体に伝わる冷たい温度を守る事ができ更には部屋全体を暖める効果があるので、テントの幕内が暖かくなります。

わが家は、このようにホットカーペットを2枚テントに敷き詰めました。これで冷たい地面から身体を守る事ができました。

防寒具

次に必要なものは、防寒具。当然のことですが、キャンプなので基本はなんでも外です。

トイレに行くときも、お風呂に行くときも外。だからこそ、しっかりとした防寒が必要になってきます。このときはキャンプ場に雪が少し積もっていたので、スノーブーツも用意しました。スキーウエアを着ている人も見かけました。

ストーブ

ホットカーペットだけではテントの中は全く暖まりません。ただ、電源サイトだからと石油ストーブなどの使用は一酸化炭素中毒の危険があるので危険です。しかし、今回のキャンプ場は朝晩は気温がマイナス6度の世界です。日中も一ケタ台の気温です。

ですので、こんな小さなストーブでは大きなテントが暖まるわけがなく、さらにテントは密室にすることは不可能なので、風がぴゅーぴゅー入り寒いです。そこでわが家が冬キャンプのために新たに追加したキャンプ用品が!

薪ストーブ

こちらの薪ストーブです。

その名の通り燃料は薪、薪を燃やして部屋を暖めます。

薪を燃やすので煙が出ますが、煙はテントの外に行くようになっているので、テントの中は煙たくないし、何より一酸化中毒の心配もありません。

ただ、見ての通りかなり大きい。煙突も3メートルほどの高さがありますので、これを積んでくるのもかなり大変でした。そして何より使う薪の量がハンパない!!

太めで大きめの薪を数本入れてもせいぜい1~2時間くらいしか燃えません。燃え尽きて火が消えてしまうとテント内は外の様に寒くなってしまうので薪が燃え尽きないように絶やさずくべなくてはなりません。

だから、薪の番をする人と相当の量の薪も必要になってきますね。とはいえ、真冬とは思えない程のぽかぽかでキャンプをすることができました。

※暖房器具をつかうときは、火災や換気に十分に気を付けてください

冬におすすめのキャンプ場とは

そして今回、真冬のキャンプを楽しく過ごせた理由が薪ストーブ以外にもありました。それは高規格キャンプ場だったからです。

今回利用したキャンプ場は群馬県と長野県の境にある「浅間山」の北麓に位置する北軽井沢スウィートグラス。こちらのキャンプ場は全国的にも高規格キャンプ場として有名で、わが家も過去に何度も利用しましたが、、今回初めての冬キャンプということで迷わずこちらを選びました。

どんなところが高規格なのか

まず水回りがとてもきれい!

こちらは炊事場です。炊事場はキャンプ場に沢山あり、どこを見てもこのようにぴかぴか。気持ちよく使うことができました。

そして、サニタリーが常に清掃が行き届いている。

洗面所はもちろん、トイレもいつ行っても綺麗なので子どもも安心して使うことができます。さらに、炊事場はもちろん、洗面所やトイレには常に暖房がついているので暖かいです。なんとトイレに関してはこのように個室一つ一つに小さな暖房器具が付いています。

ですので、寒い思いをしながらトイレを使用することもありません。

そして1番のおすすめの理由に遊び場が充実している事!浅間山が一望できる広場では無料貸し出ししてくれるボールやフリスビーで遊ぶ事もできます。

大きな黒板があり、自由にお絵かきを楽しむこともできます。

ツリーハウスやアスレチックも充実!

ツリーハウスに子どもたちも大喜び

冒険するように色々なアスレチックを楽しむことができます。うちの子どもたちが一番喜んでいたのはこちらのトランポリンです。

30分単位の予約制です。寒い冬でも子どもたちは汗をかきながら楽しんでいました。このように1日では遊びきれないほどの楽しい遊び場がいっぱいで子どもたちは飽きることなく楽しんでいました。

ほかにも季節ごとのイベントも充実していて、行った際には薪割りのイベントを開催していたので家族で参加させて頂きました。

冬にキャンプなんて…と思っていた私ですが、薪ストーブと高規格キャンプ場のおかげで楽しい、快適なキャンプをすることができました。これからも家族でキャンプを楽しんでいきたいです。

施設情報(アクセス・サービスなど)

名称 北軽井沢スウィートグラス
公式サイト http://sweetgrass.jp/
※最新の情報はこちらでご確認を
おすすめ年齢 3歳~大人まで
料金 宿泊施設により異なります。また、時期(平日や休日、長期休暇)などによっても異なりますので、ウェブサイトで確認を。
営業時間 チェックイン、コテージ、キャビンは14:00から、テントは13:00から。チェックアウト、コテージ、キャビンは11:00まで、テントは12:00まで。
アクセス 〒377-1412 群馬県吾妻郡長野原町北軽井沢1990-579
上信越自動車道の「碓氷軽井沢IC」を下りて50分
駐車場 各宿泊施設に横付け可能
サービス 必要最低限のものは管理棟で販売

この記事を書いたライター

ライター一覧 arrow-right
まつだひとみさん

3人の子ども達のママです!昼間は仕事もしていますが、週に1度はお友達をご招待してホームパーティーを開催しています!

まつだひとみさんの記事一覧 v-right