ホワイトデーは、女の子への贈り物がほとんど。お返しは、思いっきり可愛くラッピングをして渡してみては?喜んでくれること間違いなしの、簡単&プチプラ花束ラッピングの作り方をご紹介します。

index目次

材料はすべて100均!

  • ストロー(18㎝ストレート200本入り)
  • 3色リボン
  • 造花(5本入り花束)
  • A4クリアポケット20枚入り
  • クラフト紙(A4サイズならなんでもOK)
  • マスキングテープ
  • 爪楊枝
  • グルーガン(ない時はボンドでもOK)
  • コーンクッション

すべてダイソーで揃えていますが、コーンクッション以外は、おうちにあるものや他のショップのものでも大丈夫です。

お菓子も準備しよう!

マスキングテープを使って、ストローにお菓子をつけます。お菓子は何でもOKですが、アメやラムネを花束の仲間にしてあげると、ぐっとかわいくなって、ボリューム感も出ます。

お菓子は、小分けになっている大サイズを1つ、中~小サイズを1~2個を入れてあげるとバランスがいいですよ。

アメ3個+ムーミンクッキー1袋+アポロ1袋

かわいいハートステッキの作り方

コーンクッションとストローをくっ付けて、ハートのステッキを作っていきます。竹串などをコーンクッションに刺せば簡単ですが、子どもが扱うことを考えると怖いので、ストローを代用します。

でも、ストローはやわらかいので、コーンクッションには刺さりにくく、直接くっつけるだけでは、すぐに壊れてしまいます。そこで爪楊枝の登場です。

作り方

  1. 爪楊枝をコーンクッションに刺す
  2. 刺したところにグルーガンをつけて、ストローと合体させる
  3. 壊れにくく、ケガをしにくいハートステッキの完成

ボリュームUPする花束の作り方

ハートのステッキができたら、次は花束を作ります。

作り方

  1. 花束の材料を用意する(今回はハートステッキ3本、アメ3個、造花1本を束ねる)
  2. 造花の花の下あたりを少し曲げておく
  3. マスキングテープで7本をまとめる。そのとき、左の写真のようにストローをまっすぐにまとめてしまうと、ぎゅっとまとまりすぎて、見映えが悪くなるので注意

写真右のように、ストローを横にずらしながら留めると◎。マスキングテープを中心に「×」になる形がベストです。

最後は、花束をラッピング

最後に、花束を包みます。

作り方

  1. クリアポケット(袋)を用意し、クラフト紙をクリアポケットに入れる。そのとき、上部を2~3㎝空けておく
  2. 手を入れて、クリアポケットを広げる
  3. 角を三角に折ってマチを作り、マスキングテープで留める
  4. お菓子と花束を入れる
  5. リボンで結べば完成!

リボン下のクラフト紙は、ストローに巻き付けず、開いていた方がかわいく仕上がります。

はい、どうぞ!

メッセージも書けます!

クラフト紙に絵を描いたり、メッセージを書いたりもできますよ。小さいお子さんは、小さな紙にメッセージを書くのは大変。でも、大きなA4の紙なら楽々書けちゃいます。クラフト紙ではなく、コピー用紙をカラフルにお絵かきしてもいいと思います。

まとめ

3月はホワイトデーだけではなく、ひな祭りや卒園式もありますよね。そんなときのプチプレゼントにとても役立ちます。記念写真でハートステッキをみんなで持って撮るのも◎!コーンクッションの余りは、ボンドでくっ付け、大きなハートを作ってみてもかわいいですよ。

この記事を書いたライター

ライター一覧 arrow-right
ちゃこさん
プラチナライター

プチプラものづくり好き。出産前は美容師。今は、ヘアメイク・着付けと2人の子育ての両立に、奮闘中のママです。

ちゃこさんの記事一覧 v-right