隙を見つけて、少しずつ作り置きおかずを作っておくと、お弁当作りの負担は大幅に減らせます。簡単で保存がきく、できたてホカホカはもちろん時間が経つと、こっくりおいしい。お弁当にも持ち寄りにも、普段のおかずとしても使えるレシピを紹介します。

index目次

難しくない、冷めてもおいしい、そんな作り置きおかずがあれば、朝は詰めるだけ!朝のバタバタ準備とさようならしましょう。

お弁当や食卓の彩りにもなる常備菜

冷蔵庫から出すだけですぐに食べられる、彩りも鮮やかな野菜を使ったレシピです。

ミニトマトのはちみつワインマリネ

まるで果物のマスカットのよう。子どもも大好きなレシピです。

材料
ミニトマト
1パック
はちみつ
80g
白ワイン
1/2カップ
1/2カップ
作り方
STEP1
ミニトマトを水で洗ってヘタを取る。鍋で水を沸騰させ、ミニトマトを湯むきし、保存容器に入れる
STEP2
小鍋にはちみつ、白ワイン、水を入れて火にかけ、スプーンで混ぜながら沸騰直前で火を止め、冷ます
STEP3
1のトマトに、冷めた2をかけ漬け込み、そのまま冷蔵庫で保存する。食べ頃は翌日から(日持ちは冷蔵庫で1週間ほど)

セロリとツナのサラダ

マヨネーズやツナを使うことで、子どもも食べやすい味になります。

材料
セロリ
2本
ツナ缶
1缶
マヨネーズ・こしょう
適量
少々
作り方
STEP1
セロリを水で洗い、葉っぱは切り落として、茎の部分の皮をピーラーを使ってむく(切り落とした葉っぱは、切り刻んで冷凍庫にストックしておくと、スープやカレーなどに使えて便利)
STEP2
皮をむいたセロリを斜めに薄くスライス。ボウルに入れて塩を少しふり、塩もみをしてしっかり水気を絞る
STEP3
2のボウルにツナ、マヨネーズ、こしょうを入れて、スプーンで和えればできあがり(こしょうが苦手な子どもには入れなくてもOK)

キャロットラペ

くるみをプラスする事で、食感と香ばしさを加えます。

材料
ニンジン
3本
くるみ(ローストしたもの)
50g
レーズン
お好みで
A
フレンチマスタード
大さじ1
小さじ2/3
こしょう
少々
砂糖
1つまみ
赤ワインビネガー
大さじ1と1/2
オリーブオイル
大さじ5
作り方
STEP1
ニンジンは皮をむいて、スライサーで細切りにする。分量外の塩を少々ふり、しばらくおいて水気を絞る。くるみは粗く刻む
STEP2
ボウルにオリーブオイル以外のAの材料を入れて混ぜ合わせ、オリーブオイルを少しずつ加えながら混ぜて、乳化させる
STEP3
別のボウルに1のニンジンを入れ、2とくるみを加えて和える。保存容器に移し入れ、冷蔵庫で30分以上漬け込めばできあがり(日持ちは冷蔵庫で1週間ほど)

紫キャベツのマリネ

フレンチドレッシングで和えたスタンダードなレシピ。サンドイッチや肉料理の付け合わせにも◎

材料
紫キャベツ
1/2個
A
米酢
大さじ1
小さじ1
こしょう
少々
砂糖
大さじ1
紅花油またはサラダ油
大さじ2
作り方
STEP1
キャベツは1枚ずつにして、熱湯でさっとゆで、ざるに上げて水気を切る。千切りにして、しっかり水気を絞る
STEP2
ボウルに1を入れ、Aの材料を加えてしっかりと混ぜる
STEP3
保存容器に移し入れ、冷蔵庫で30分以上漬け込めばできあがり(日持ちは冷蔵庫で1週間ほど)

子どもも大人も大好き!フライドポテト

作り方
STEP1
ジャガイモを水でよく洗い、芽を取り除き、沸騰したお湯で約15分、皮ごと下茹でする
STEP2
粗熱が取れたら冷蔵庫で保存
STEP3
食べる前に皮つきのまま、ひと口大の乱切りにし、油でカリっと素揚げする。好みで塩をふったら完成

材料をオーブンに入れて焼くだけのオーブンレシピ

カボチャのはちみつレモン

ほんのり甘い、デザートのような一品。好みで、クリームチーズの量を増やしても。

材料
カボチャ
約1/10個(180g)
レモンの輪切り
6枚
小さじ1/4
はちみつ
大さじ1と1/2
クリームチーズ
20~30g
オリーブオイル
小さじ1
作り方
STEP1
カボチャは、種とワタを除き、約5mmの厚さに切り、塩とオリーブオイルで和える。クリームチーズはひと口大にちぎる
STEP2
耐熱容器に1のカボチャとレモンの輪切りを並べて、はちみつを回しかけ、クリームチーズをちらす。200℃のオーブンで15~20分焼いて完成

台湾風焼き豚

簡単なのに、焼きたてはパーティーのメイン料理になるくらい迫力がある一品。冷めても味がなじんでおいしくなり、日持ちもします。パンにクレソンなどの、ちょっと苦みがある野菜と一緒に挟んで、サンドイッチにするのもおすすめです。

材料
豚肩ロース・かたまり肉
300g
あれば八角
2個
A
オイスターソース
大さじ2
トマトケチャップ
大さじ1
作り方
STEP1
Aを混ぜ合わせて、豚肉にもみ込むように塗る
STEP2
天板にオーブンシートを敷き、1をのせて八角をちらし、200℃に予熱したオーブンで20~25分焼く
STEP3
焼きあがったらオーブンから取り出し、ホイルで包んで約15分休ませてから、余熱で火を通せば完成

冷めてもおいしいお弁当作りの救世主

豚肉のごま味噌煮

ごまの風味が香ばしい、ご飯にもパンにも合うレシピ。仕上げにすりごまを加えると、味落ちもしにくいです。

材料
豚こま切れ肉
500g
すりごま(白)
大さじ3
A
酒、水
各1/2カップ
みそ
大さじ3
砂糖
大さじ2
しょうゆ
大さじ1
作り方
STEP1
鍋にAを入れて強火にかけ、煮立ったら豚肉を加えて、ほぐしながら煮る。肉の色が変わったら、汁気を飛ばしながらさらに煮て、仕上げにすりごまを混ぜて完成
STEP2
1の粗熱を取って保存容器に入れ、完全に冷めたら冷蔵庫で保存(日持ちは冷蔵庫で5日ほど)

ワインに合う1品。レバーペースト

意外に簡単なのです。手土産にすると本当に喜ばれる、なめらかなおいしさです。

材料
鶏レバー
200g
ニンニク
ひとかけ
タマネギ
1個
5g
ブランデー
大さじ1
赤ワイン
1/2カップ
バター
25g
グラニュー糖
30g
作り方
STEP1
レバーは流水で洗い、ひと口大に切ってから冷水に10分ほどつけて、血合いや汚れを取り除く
STEP2
ニンニクとタマネギを薄切りにし、オリーブオイルを入れたフライパンで弱火で炒める。ここに水気をふき取った1のレバーを加え、炒め合わせる。全体的に色が変わってきたら、ブランデーを加えてやや強火にして煮詰める
STEP3
赤ワイン、塩、グラニュー糖を入れて中弱火で煮て、煮汁がほぼなくなったら、一度火を止める
STEP4
ミキサー、またはフードプロセッサーに3を入れ、バターを少しずつ加えながら混ぜ合わせる。ペースト状になったら、塩・こしょう(分量外)で味をととのえて完成

待ちに待ったお弁当タイム!

バケットやロールパン、食パンなど、好きなパンに好きな食材を自分で挟めるので、オリジナルが作れます。いろいろな食材を挟むことで味に深みが出ます。意外なおいしい組み合わせを発見することも!

あったら便利!ピクニックの必需品

家の近所に、海が見える芝生公園があるので、晴れた日によくピクニックに出かけます。このときに重宝しているのが、「DEAN&DELUCA」のバスケット、「野田琺瑯」の保存容器、「ダイヤ印」のアルミのお皿。

バスケットがあれば、お弁当や荷物を簡単に運べるし、ふたを閉めればちょっとした台にもなって便利。

保存容器は、作り置きしたおかずを冷蔵庫に整理して収納できるだけでなく、そのままバスケットに入れて、花見やピクニックに連れて行けます。アルミのお皿は軽くて割れない、そして紙皿と違ってゴミも出ないので、環境にも優しい優れものです。

この記事を書いたライター

ライター一覧 arrow-right
ぷっちょさん
プラチナライター

専門分野である『食』に関する記事、生活の中に植物を取り入れた心豊かな暮らしのご提案に関する記事をお届けします。皆さまの小さな幸せ配達人になれますように!

ぷっちょさんの記事一覧 v-right