「移動ポケット」は園児&小学生の必須アイテム。毎日使うため、洗い替え用なども含めいくつか持っていると便利です。「移動ポケット」を自分で手作りしたい! そんな願いを叶える、とても簡単な作り方を見つけました。入園・入学準備にも。

今回は、タオルハンカチ対応の大きめサイズの作り方をご紹介します

作り方

●下準備

「15cm×78cm」と「15cm×4cm」の布を用意します。(100円ショップなどにある「手ぬぐい(約35cm×95cm)」1枚で移動ポケットが2個作れますよ)

「15cm×78cm」の布は、下図赤線部分に折り目をつけておきます。(裏側にペンで印をつけるとやりやすいです)

※布は絵柄に上下の向きがない方が作業しやすいです。絵柄に上下の向きがある布を使う場合 「左側が上(右側が下)」になるようにします。今回の布の場合、ウサギやリスの頭が左側にくるようにします。

●クリップを通すためのテープを作る

「15cm×4cm」の布の裏側を上向きにし

上下1cmずつ中心に向かって折ります。

更に半分に折り、1㎝のテープ状にします。

折り合わせた布の端を縫います。

縫えました。

*既製品の「リボンテープ」や「チロリアンテープ」などを、長さ15cmにカットして使えば、テープ作りの工程は省略できます。

テープを「15cm×78cm」の布の表側に縫い付けます。

縫い付ける場所は、左端から20.5cm(4.5cm+4.5cm+11.5cm) の部分(下図参照)です。

テープの縫い目(下図赤点線)が左側にくるようにし、 15cmのテープの中央と、中央から左右に約3cmずつのところを縫います(下図オレンジ部分を縫う)。

テープを縫い付けられました。

●布を折る

布の裏側を上向きにし

左右の両サイドを、右側5cm・左側4.5cmの折り目に沿って「谷折り」します。

右側だけ、更に5cmの折り目で「谷折り」します。

折ったままの状態で、布を裏返して 布の表側を上向きにします。

両サイドを、右側9cm・左側4.5cmの折り目で「谷折り」します。

折ったままの状態で、全体を半分に折り合わせます。

両サイドの折っている布がズレないように気をつけながら、左サイドの布を右サイドに揃えるように被せて半分に折ります。

布が中表に折り合わされた状態にします。

折り合わせる際、左サイドの4.5cmで折りたたまれている部分を、右サイドの5cmで折りたたまれている部分の下に挟み込みます。

挟み込むと、0.5cm布が重なった状態になります。

こんな感じ↓に折り合わせます。

折り合わせた布がズレないように、マチ針で留めます。

左サイドの角が丸くなるように、ペンで印を書きます(下図赤線参照)。
*下図は、左サイドが上にくるようにして撮影しています。
※出来上がりの「蓋」になる部分の角に、丸みが不要の場合、この工程は省略します。

印の1cm外側を切り落とします。
※出来上がりの「蓋」になる部分の角に、丸みが不要の場合、この工程は省略します。

●縫う→ひっくり返す

半分に折り合わせたところから、「輪」になってる方に向かって、端から1㎝の縫い代で縫います。
(下図赤線部分の2ヶ所を縫う)

縫えたら、右サイドの折り合わさっている口を広げて・・・

手を入れて、中から布を引っ張り出しながらひっくり返し「 外表」にしていきます。

「ひっくり返し」の第1段階が終わりました。

裏側のポケット状になっている部分をひっくり返し
ひっくり返しの第2段階が終わると

完成です!!!!!
まるで手品のような簡単さです

蓋の部分を下に折り、ティッシュ入れ部分の上に被せるようにします。

クリップをつけるとこんな感じです↓

裏側はこんな感じです↓
テープ部分の右サイドと左サイドの区切りに、2つのクリップをそれぞれセットして、洋服のウエスト部分などに留めて使用します。

タオルハンカチとティッシュを入れるとこんな感じ↓になります。
*大きめサイズなので、タオルハンカチもゆとりをもって入れられます。

左側が今回の作り方の「移動ポケット」。
右側が2枚の布で使る 少し作業工程が多い作り方の「移動ポケット」です。

今回の作り方の方が、作業工程が少なく、作り方も簡単ですが、2枚の布で作ったモノと比べても、見た目・使用感共に全くと言っていいほど変わりません。


1枚布で作るため、細長い布が必要になります。
わざわざ手芸店に行く時間がなかったり、長さを計って布を購入するのが面倒な時は、100円ショップで扱っている「手ぬぐい(35cm前後×95cm前後)」を利用してもいいと思います。

100円ショップでは、かわいい絵柄の手ぬぐいをたくさん取り扱っていますし、1枚の手ぬぐいから移動ポケットが2個作れるので、コストパフォーマンスの高さは抜群です!

最初のクリップを通すための「テープ」を縫い付ける工程が、少し面倒ですが、 全体の流れとしては「所定の長さで折る」→「両サイドを縫う」→「ひっくり返す」の3ステップで完成するので、作業自体はとてもシンプルで、失敗のリスクは少ないと思います。

この作り方なら、2つくらいまとめて作っておくこともそれほど苦ではないのでは(むしろ一気に数個作ってしまった方が効率的かもしれません)。一度作ってみると、作業の流れがわかるので、2回目以降は更にスムーズに作れると思いますよ。

この記事を書いたライター

ライター一覧 arrow-right
又多 実千恵さん
プラチナライター

手芸などのハンドメイドが大好きです。手軽・短時間・ローコストをモットーに、「手抜きアイデア」を模索しながら、物づくりを楽しんでいます。

又多 実千恵さんの記事一覧 v-right