ネイル好きのママ、セルフネイル派のママ必見!繊細なアートも写真も、指1本につき1分で完成する、家庭用ネイルプリンターが発売されています。時短を求める忙しいママに、ぴったりのオシャレ神アイテムになるかも!? さっそく試してみました。

index目次

ママもオシャレしたい!でもネイルは大変・・・。

こんにちは、全力ママのmeguです。卒業式や入学式、職場の歓送迎会など、仕事やプライベートがますます忙しくなるこの季節。人と接する機会も多くなり、服装やヘアアレンジに悩みますよね。そして、ファッションと併せて、かわいくキレイにしたいのがネイル。

最近はジェルネイルのセットもネットで安く購入できるため、セルフネイルをするママも多いと思うのですが、すぐに剥がれてしまったり、凝ったデザインができないからとワンパターン化したり、何より利き手側のネイルが上手くできないですよね。

とはいえ、まめにネイルサロンへ行く時間もない…。何とか自宅で簡単に、かつ上手くセルフネイルができないのでしょうか?

ネイル専用のプリンターが登場!?

そんな悩みを解決する画期的な商品が現れました。指を入れるだけで自動でネイルにアートを施術してくれる、世界最小のネイルプリンター「Rabbit(ラビット)」です!

一見「本当にプリンターなの?」と疑うデザインですが、Rabbitはネイルアート専用で開発された立派なプリンター。スマホやタブレットのアプリと連動して、約750種類以上ものデザインから好きなアートを、爪にプリントできるのです。

ボックス型でサロンや卓上に置ける、場所を取らないスタイリッシュなデザイン。一体、どのように爪にプリントするのでしょうか?実際にジェル・マニキュアをしていない自爪で体験してみました。

ネイルプリンターの手順

  1. まずはプリントしたい爪に合わせて、「白色のネイルシール」を貼ります。ポリッシュやジェルをしたネイルの上からも印刷はできますが、くすんだり、思ったような発色が出ない場合があるそうです。
  2. メーカーによると、デザインをキレイに表現するならベースカラーは白色を推奨とのこと。普通の家庭用プリンターも白い紙に印刷しますものね。

  3. はみ出さないように先端はファイル(爪用ヤスリ)で、爪のカーブに合わせて削ると爪にキレイに馴染みます。
  4. 次に、「マスク」という専用液を爪のまわりに塗ります。これはマスキングテープのような役割で、印刷中にインクが爪のまわりについたときに、皮膚を汚さないようカバーしてくれます。
  5. 木工用ボンドのような質感ですが、速乾性なので塗ったらすぐに乾き、半透明になりました。これで準備は完成。

  6. プリンターの入口にアートをする指を入れ、奥にあるボタンを指で押し、爪を認識させます。セットプリンターの操作は専用アプリがあるので、スマートフォンやタブレットで行います。プリンターはWi-Fi内臓なので、ワイヤレス操作が可能。
  7. スマホの画面には、プリンターに差し込んだ自分の指が表示されます。画面上で、「プリントするデザインの選択」と「印刷位置の調節」を行います。
  8. スマホなのでスワイプやタップなど、片手でも楽々操作ができるのは嬉しいですね!

  9. デザインを決めたら、後は印刷を待ちます。
  10. 印刷中は痛くもなく、熱くもなく「本当にプリントしているの?」と疑うほど、感覚がありません。でも、プリンターは何やら一生懸命、稼働している様子。ここで指が動いてしまうとプリントがブレてしまうので、じっと完成を待ちます。

  11. 完成したら先ほどのマスク素材を剥がします。
  12. 仕上げにトップジェルでコーティングをします。ラインストーンやホログラム、パーツを施す場合は、ネイルプリンターの後にクリアジェルを塗り、配置します。最後にトップジェルを塗り、ネイル用ライトで硬化します。

完成したアートがこちらです。

体験してみた結果

プリントのスピード感がわかるように、手書きでは時間のかかるフラワーとリーフをデザインした、アートを選びました。私のように面積が小さい爪は、手書きではリーフのような繊細なデザインは時間もかかるし、アート中ににじんでしまうのですが、プリンターでは選んだデザインが忠実に再現されていました。

ネイルプリンターなら、どんなデザインでも所要時間は1分!この正確さとスピードは機械でしか再現できません。プリンターで印刷したネイルはどんなデザインでも正確なので、長年の悩みであるやりにくい手(利き手側)のネイルアートも、ネイルプリンターを使えば、難なくキレイに仕上がります。

専用スマホアプリに内臓されているデザインは750種類以上。さらに、自分で撮影した写真やイラストも取り込めます。プリンターならではの正確さとスピードもあるので、これならネイルサロンに行かなくても、プロ並のアートが自宅でできます。

その後、ネイルプリンターを体験した指以外はセルフでジェルネイルをしましたが、ネイルの時間がグッと短縮した上、細かいアートが1本入るだけで腕前が上達したように感じました。

長持ちするコツは?

爪の表面に専用インクを使って印刷してあるので、印刷したままの状態ですとデザインが崩れます。トップジェルでコーティングしないとプリントがすぐに剥がれてしまうので、仕上げにジェルネイル専用のライトで硬化をする必要があります。

ただ、爪が薄い方や皮膚が敏感な方は、硬化中に熱を感じることもあります。そんなときは、たびたびライトから指を出して休ませながら、少しずつ完全硬化させましょう。

プリントしたネイルを落とす方法は、通常のジェルオフと同じ。表面をファイルで削り、アセトンを染み込ませたコットンをアルミホイルで指に巻き、数分放置します。ジェルが浮いてきたら、プリントされたインクも溶けて落ちるので、爪が薄くなる心配もありません。

気になる価格は?

気になるオートネイルプリンターの価格は、交換用のインクカードリッジやトップジェル硬化用のコンパクトLEDライトが入った導入キットが付いて13万8240円!

プリンター単体としては少々値段が張りますが、1カ月に1~2回ネイルサロンに通うとしたら、ネイル代は約1万2000円/月、1年間で約14万4000円かかりますから、実は1年でネイルプリンターの元が取れちゃう値段なんです。

しかも1本60円という低コストなので、10本すべてオートネイルにしても1回600円と、コスパは最高です。ネイルチップにも対応しているで、特別の日だけネイルを楽しみたい人は、オートネイルで作ったオリジナルチップを作成できますよ。

どこで購入できる?

AutoNail Rabbit(オートネイルラビット)は、オンラインショップ(楽天・Yahoo!・Amazon)でも買うことができます。

短時間でサロン並のかわいいネイルが、自宅で手軽にできるネイルプリンターは、忙しくてもオシャレを楽しみたいと思っている、ネイル好きなママの強い味方。ネイルをより楽しく、簡単に、身近な存在にしてくれるでしょう。

「セルフネイルを時短したい」「写真をネイルに取り入れたい」など、ネイルプリンターの用途はさまざま。サロン並のネイルアートを自宅で気軽にできる、ステキな商品だと思いました。

この記事を書いたライター

ライター一覧 arrow-right
meguさん

大学事務員とグラフィックデザイナーの掛け持ちをしている4男2女の6児ワーママ。趣味はネイルとフラワーゼリー。子連れでも大規模な展示会や旅行へ行くアクティブ派。フラワーゼリー認定講師としても活動中。

meguさんの記事一覧 v-right