働くママ892人に仕事と子育てについて聞きました。子どもを産んでからの職場復帰。それまでの働き方を見直す大事なときとも言えます。ママたちの理想の働き方とは? 調査結果から垣間見えたママたちの思いとリアルなコメントを紹介します。

questionあなたが働く理由は?(複数回答)

1位 家計のため 77.1%
2位 自由に使えるお金が欲しいから 58.5%
3位 社会とのつながりが欲しいから 55.7%
4位 仕事が好きだから 38.8%
5位 育児から離れる時間が欲しいから 35.2%
  • 自由なお金ができ、子どもと出掛けたり主人に気を使わずお金を使える。(20代・千葉県/子ども2人)
  • 子どもにせがまれても、パパが働いて稼いでいるお金だから、私も自由にできない。働いていれば、いくらでも自由にできる。(40代・茨城県/子ども2人)
  • 習い事や旅行など比較的自由にお金を使うことができる。やりたい事ができる。それによって経験や充実感を体験することができるから。(30代・東京都/子ども1人)
  • 子どもからよくお手紙をもらいます。お仕事頑張ってね。や、いつもお料理ありがとう。など。自分のお給料があるから、子どもと美味しいものを食べられたり、可愛いお洋服を買ってあげられたりできるのでやっぱり頑張ろうと思います。(40代・福島県/子ども2人)

8割近くの働くママが「家計のため」と回答しています。コメントを見ても、家計にゆとりがあれば子どものためにお金をかけてあげるという傾向が強く、中でも目立ったのが習い事。きょうだいがいる場合でも、やりたいことをやらせてあげられるという意見がありました。

また、6割近くが「自由に使えるお金」と回答しています。その使い道もほとんどが子どものためのお金。保育園のお迎えや家に帰ったときの子どもたちの笑顔が何より働くママの支えとなっています。「だから、頑張れる。」この言葉が多く見られました。

question子育てをしながらの働き方について、あなたの考えに最も近いものを選んでください

子育てをしながらでも、キャリアアップを目指したい 22.0%
ほどほどの働き方で無理なく子育てと両立したい 63.8%
仕事はセーブしてなるべく子育てを優先したい 13.8%
その他 0.4%

questionリーダー・管理職などの責任あるポジションに就きたいと思いますか?


働き方についても、多様な選択肢があります。今回調査した働くママの6割以上が「ほどほどの働き方で無理なく子育てと両立したい」派。バリバリとキャリアアップを目指したい派は、全体の2割。

リーダーや管理職など責任のあるポジションに就きたいと思うキャリアアップしたいママはその中の59.7%。

大多数を占める仕事子育て両立派は13.2%に留まっています。リーダーや管理職などの肩書ではなく、仕事の幅を広げてスキルアップしていきたいという前向きな志向が見られました。

Opinion働くママが、○○さんに物申す!

パパへ

  • 子どもと遊ぶだけが育児じゃ無いという事を自覚を持って! ただの良い所取りはやめて、ママのサポートをして使える旦那になってもらいたい。(30代・東京都/子ども5人)
  • 働くママは、仕事だけではなく、家事も育児も手抜きしたくてもできない。(40代・神奈川県/子ども2人)

母へ

  • 本当にありがとうと伝えたい。(30代・愛知県/子ども2人)

義母へ

  • いつまでも元気でいてください。(40代・愛知県/子ども2人)

義理の父へ

  • 急に遊びに来ないでください。せめて一言連絡してーー!(30代・佐賀県/子ども2人)

職場のあの人へ

  • 女の敵は女ですか!?(30代・神奈川県/子ども1人)
  • 職場でも戦争ですが、家でも戦争なんです!自分だけやること多くてヘトヘトみたいな顔しないでください!(笑)(30代・神奈川県/子ども2人)
  • 人それぞれ大切にしたいものは違うので自分の価値観を押し付けないでほしい!(30代・神奈川県/子ども2人)

これから働くママへ

  • 自分に無理せず、周りの制度や優しさを十分に使わせてもらって働いてほしい。産前と同じ働き方が出来ず、自己肯定感が下がっていかないように、子どもの成長ををみながら自分を認めてあげてほしい。(30代・東京都/子ども2人)
  • 子どもの病気で休むのはすごく気が引けますが、本当に時期を過ぎれば元気に通ってくれます!ちょっとの我慢を同じように乗り越えて、カッコいい働くママになりましょう!(30代・東京都/子ども2人)

「子どもがいるから、頑張れる。」「お帰りなさいの笑顔があるから疲れも取れる。」子育てだって、家事だって、仕事だって、いつも精一杯に取り組んでいる、頑張り屋さんのママたちのリアルな姿が見えてきました。

この記事を書いたライター

記事一覧
mamarplusさん

女の子を育ててみたい、男の子2人を持つ筋肉女子。趣味は水泳とストレッチ、目標は自己ベスト更新。