100円ショップでも手に入る「手ぬぐい」を使った、とても簡単な「あずま袋(マチ付)」の作り方をご紹介します。和風な絵柄で作れば、夏の浴衣の装いにピッタリです。直線縫い(手縫いOK)を4回するだけ。10分程で完成します。

今回は端処理済みの「87cm×35cm」の手ぬぐいを使って作りました

※端処理がされておらず、切りっぱなしの場合、そのままだとほつけてくるので、周囲の端を「5mm」くらいの幅で「三つ折り縫い」しておきます

作り方

手ぬぐいを、表側を上にして横長に広げます

手ぬぐいを3等分し、左右の端を内側に向かって折り重ねます。右端→左端の順に折り重ねます


手ぬぐいが折り重なり「1/3」の幅になっている状態です

左端の折り重ねたところを一旦開きます。右端の折った部分をマチ針で留め、下の部分(下図赤線)を縫い代「8mm」くらいで縫います

縫えました

先程縫った右端の重なり部分の上部左角を、右下に向かって三角形に折ります(下図参照)

その上に、左端を折り重ねます


折り重ねました

折り重ねた上部(下図赤線)を、縫い代「8mm」くらいで縫います

右角は、右端を三角に折り込んでいる部分(下図参照)と重なりますが、三角に折り込まれている布は縫い込まないようにします

ミシンで縫う際は、三角に織り込まれている布を広げるようにして、縫い込まないように気を付けます

縫えました

左端の折り重ねた部分を開いて戻し、左端の角と右端の三角に織り込んだ角(下図赤い星マーク)部分をつまんで広げます


広げると下図のようになります

ひっくり返して、布を外表にしたら「あずま袋(マチなし)」の完成です

左右の端(下図赤い星マーク)を結んで「持ち手」にして使います

端を結ぶとこんな感じ↓になります

この状態だと底部分の幅が広く、中に入れた物の納まりがあまりよくないので、「マチ」を作ります

改めてひっくり返して、中表の状態にします

左右の持ち手部分の布がズレないように、ピッタリと重なり合うように折ります

持ち手部分の布が重なるように折れたら、ズレないように中央部分をマチ針で留めておきます(下図参照)

袋状になった内側に手を入れ、底部分の角を開くように広げます

角を引っ張るようにして、三角形にします

三角形の頂点から「5cm」くらいのところを縫います(下図赤線部分

縫えました。この部分を縫うことで「マチ」ができます

反対側の底部分の角も同じように縫います
持ち手部分を上に持ち上げると、下図赤線部分が縫ってある状態です

こんな感じ↓になります

ひっくり返して外表にしたら、「マチ付きあずま袋」の完成です!

持ち手部分を結ぶとこんな感じ↓になります

これからのシーズン、浴衣の装いに合わせて持つとかわいいですよ。また、「お弁当箱袋」として使ってもいいですね。

とにかく簡単!あっという間に作れます。手縫いでも苦にならないくらい、縫う部分が少ないので、手芸から遠ざかっている方にもオススメです!

*結び目を「持ち手」としているため、結び目が緩むと袋が落ちてしまったり、中に入れているものが出てしまったりする危険性があります。持ち歩く際は特に、しっかりと固結びしておくと安心です。小さなお子さんが持つ際は、大人がフォローしてあげてくださいね

*「あずま袋」は、縦と横の長さが「1:3」の布で作るのが一般的ですが、今回は既成の「手ぬぐい」の長さを変えずに、そのまま使って作りました。そのため、少し「歪み」が生じますが、「あずま袋」として使用する上での支障はありません

この記事を書いたライター

ライター一覧 arrow-right
又多 実千恵さん
プラチナライター

手芸などのハンドメイドが大好きです。手軽・短時間・ローコストをモットーに、「手抜きアイデア」を模索しながら、物づくりを楽しんでいます。

又多 実千恵さんの記事一覧 v-right