みーたんなりの食へのこだわり

小さいときから、とにかくお米が大好きなみーたん。お米さえあれば、「最高ひゃっほううぅぅ!!」なのです。

「好きな食べ物は?」と人に聞かれると、

ふるかけごはん!(ふりかけごはん)

と答え、少々母を焦らせるみーたん。(いや、そこはハンバーグとか、カレーとか、オムライスとかあああぁ!)

そんな彼女にも、こだわりが出てきたようです。

今までは、食べやすいように一口サイズに丸めたおにぎりを作っていたのですが、「ザ・おにぎり」なフォルムが好みのよう!

三角で、のりが巻いてある王道おにぎりを所望するようになりました。

小さいおにぎりは小さい子が食べるおにぎりで、自分より大きい子どもや、周りの大人たちは大きい三角のおにぎりを食べているのがうらやましくなった模様…!

このときは、小さいおにぎりを崩して、1つの大きい三角のおにぎりに握りなおしてあげると、「これよ!これ!」と言って、満足そうに食べていました。

うん。形以外はまったく一緒なんやけどな。これも一種の成長なのか…!?と思うのでした。

この記事を書いたライター

ライター一覧 arrow-right
まつざきしおりさん
プラチナライター

数年前、瀬戸内海の小さな島に移住し、現在は島母ちゃんとして、絵・漫画を描いたりしながら、ゆるっと生息中。娘は、体力おばけ怪獣みーたん(3歳)。

まつざきしおりさんの記事一覧 v-right