“男の子育児”はまぁ大変!

男の子を育ててもうすぐ6年になるので、育児も少しは慣れったっちゃあ、慣れたのですが…。

まー、人の話は聞いていないし、鉄砲玉のように興味のあるほうにすっとんでいくしで、とにかくじっとしていない。(そしてすっ飛んでいくのを大声出して追いかける日々の母の疲労よ)

わたし自身、周りも女の子ばかりなので、男子と女子、こうも違うのかー!と感心しつつ、自分がこんなに怒鳴り散らすおかんになるとは…。いやはや、すっかり男の子ママであります。

ダメ=いいよ、に聞こえてるとしか思えない(白目)

危ないよ!
息子はーい(返事のみ)
ダメって言ってる!
息子わかってるー(わかってない)
何回も言ってる!
息子…。(もはや、聞いていない)
何回目かわかってる!?
息子えー、3回目ぇ?(適当)
もっとじゃー!

なんだか、毎日、このようなコントのようなやり取りを繰り返しております。トホホ。

何かの本で読みましたが、脳科学で男の子脳と女の子脳ってあるらしいですね。女の子でも男の子脳の特質がある場合や、その逆もあるそうですが。

そして、長い目で見ると、落ち着きがないのは行動力に、騒々しくて乱暴なのは活力に、うんたらかんたら…。

なんといいように書いてあるじゃないですか!希望ですよ、そこの奥さん!

つまり、男の子脳の場合大変な部分が先に出てしまっているそうで。「男の子は約束を破る生き物」「話を聞かない生き物」だって、それってどうなん?

未知なる生命体、腹立つことも多いけど、通りこして笑えてくるときもある。そんな男の子育児の日々をまい進してまいりたいと思います。

この記事を書いたライター

ライター一覧 arrow-right
いちこさん

やんちゃ盛り、おかあさん大好きな男の子を育てている関西在住のかあちゃんです。仕事のスキマにゆるっとイラストや絵日記を描いています。

いちこさんの記事一覧 v-right