保育園でもお母さん大好きってことで

夏が終わりかけて、日が暮れるのが早くなってきました。そうなってくると、保育園のお迎え時間が真っ暗になっていたりして、「夜まで預けてる感」がありちょっと切なくなる季節でもあります…。

同じ18時でも、明るいのと暗いのとで、気持ちが変わるものだなあと思います。

末っ子かっちゃんはもうすぐ2歳半、1歳クラスでも月齢が高い方なので、最近は若干のリーダーシップを取っているよう。

家に姉・兄がいることもあり、クラスでおままごとをするときも「お母さん」になりたいご様子。

でも「お母さん」になりたいのはかっちゃんだけではないようで

みーんな「お母さん」がいい!

そうすると、希望者全員おんぶひもにぬいぐるみや赤ちゃんのお人形をくっつけてもらって遊んでいます。

先生お手製の小さいバッグ(かわいい)を持ち、バッグの中にそれぞれおもちゃのバナナとかミニタオルなど必要なものを入れ、ミルクをあげたりねんねさせたり、お買いものに行ったりと忙しそう。

暗くなった保育園にお迎えに行き、おともだちと「お母さん」ごっことをして楽しんでいるわが子を見るとホッコリ……。

本物の「お母さん」がお迎えに来ると、「見て-!」と嬉しそうにその姿を見せてくれます。「お母さん」になって、お人形のお世話をして待っていてくれるなんて、ありがとうね~!

この記事を書いたライター

ライター一覧 arrow-right
サカキさん
プラチナライター

大学卒業後、食品メーカーで出会った同期と結婚(現夫)。転職して現在の職場で3回も育休を取る図太い会社員ママ。夫は営業マンで不在がち、小学生と保育園児2人を抱えて毎日大騒ぎ!

サカキさんの記事一覧 v-right