子連れバリ旅行の思わぬ落とし穴

※こちらは今年の1月に家族4人で妹の住むバリに旅行したときの話です

子連れ海外旅行は「移動と食べ物さえ攻略すれば、あとはプールに入れときゃなんとかなる」というのが持論で、今回の旅でも完璧でした。そう、帰りの飛行機までは……。

日本への帰国には直行便は深夜便しかなくて、我々は思わぬ落とし穴にはまりました。

日本の空港だと当たり前にあるカートが、全くない!

ベビーはともかく荷物をのせるカートすらない!季節が逆の国から来ている我々は、手荷物の中に日本についたらすぐに着るジャケットやら子どものオムツやらおもちゃやらがパンパンに詰まっているので、それだけでもすごい量なのです。しかも深夜。しかも突然のゲート変更。

子どもたちは寝てしまい、父母は大量の荷物と13kg、23kgの子を抱えて途方にくれました。バリ島では道がガタガタだし、ホテルの中でしか使わないから、とベビーカーを持ってこなかったのですが、こんなところで必要になるとは……!

最後の最後で大変な目に遭いました。次にどこか行くときは必ず折りたたみベビーカーを持って行こうと固く誓いました。

この記事を書いたライター

ライター一覧 arrow-right
かんべみのりさん
絵日記・漫画家

MBA漫画家。著書に「日本最大のビジネススクールで教えているMBAの超基本」など。5歳2歳姉妹のママ。手帳・連絡帳の育児日記を毎日Instagramにて更新中。

かんべみのりさんの記事一覧 v-right