子どもはよくウソをつきます。ほんの小さなウソもあれば、ついてはいけないような良くないウソまでさまざま。許していいのか、それとも厳しく叱った方がいいのか悩みますよね。今回は、子どもがウソをついたときの対応についてお話します。

index目次

子どもはウソつきの天才?

「子どもはウソつきの天才?」と思うほど、よくウソをつきます。歯をみがいていないのに「みがいたよ!」と言ったり、おかしをつまみ食いしたのに「食べてないよ」と言ってみたり。子どもにウソをつかれると、親はとても悲しい気持ちになったり、ときには怒りがわいてくることも。子どもはどうしてウソをつくのでしょうか?

子どもはどんなときにウソをつく?

子どもがウソをつく原因には、次のようなことが考えられます。

1.空想や願望を言葉にしている

「昨日おふろでオバケ見たんだよ」と自分が空想したものをあたかも現実で見たかのように話すことがあります。また、お友だちからディズニーランドに行ったと自慢され、自分も行きたいという願望から、「うちも今度行くよ」とウソをつくこともあります。

2.自分を守るため

「本当のことを言ったら怒られる」「正直に話したら嫌われるかもしれない」という思いからウソをつきます。これは自分を守るためのウソで、子どもに悪気はありません。

3.親の気を引くため

「自分に注目してほしい」「認めてもらいたい」など、親の関心を引くために、実際とは違うことを話します。「今日かけっこで1番になったよ」「先生にすごいねってほめられたよ」などとウソをついて、自分のことをアピールしているのです。

4.親のマネをしている

「子どもは親の背中を見て育つ」と言いますが、親がよくウソをついていると、子どももそれをマネするようになります。親が冗談のつもりで「ウソだよ~」と言ったり、子どもとの約束を破りがちだったりすると、自分もそのような行為をしていいんだという気持ちになります。

これらは、いずれも子どもに悪気はありません。ただ、ウソには、「ついていいウソ」と「ついてはいけないウソ」があります。

幼児期の場合、ほとんどが問題にはならないウソですが、気をつけなければならないのは、ウソの内容です。「人に迷惑をかけてしまった」「危険なことをした」などというときに、反省もせずごまかすためにつくウソについては、見過ごさないようにしたいですね。

では、子どもがウソをついたとき、親はどう対応すればいいでしょうか?

子どもがウソをついたときの対応

感情的にならずに、まずは冷静になる

子どもがウソをついたとき、感情にまかせて頭ごなしに叱るのは、恐怖心を与えてしまうだけ。これでは、何が悪かったのかを理解できません。まずはひと呼吸おいて、「なんでこんなウソをついたのだろう」と考えてみましょう。少し間をおくことによって、冷静になれることもあります。

ウソをつかれると悲しいことを伝える

ウソをついたことを責めると、子どもはさらに反発したり、罪悪感でいっぱいになってしまいます。ウソの悪さをクドクドと説教しても、親が期待するほどは理解してもらえません。それよりも、「あなたがウソをつくととても悲しい」と親の気持ちを素直に伝える方が伝わりやすいです。

正直に言える環境を作る

親が怒っている姿を見たら、子どもは緊張して本当のことが言えません。そんなときは、「なんでも話してごらん」と子どもを受け入れる態度を示してあげましょう。ここで子どもが本当のことを話したら、「正直に話してくれてうれしい」とほめてあげましょう。こうすることで、「正直であることの方が良い」と実感することができます。

日頃から子どもを気にかけてあげる

親の関心を引きたいためにウソをつくようであれば、日頃からよく話しかけてあげるなど、親の愛情をたっぷりと与えてあげましょう。子どもの心が満たされると、ウソをつく回数も減っていきます。

親が模範になる

子どもにウソをついてほしくないなら、親もウソをつかないようにすることです。親が模範となって、正直な親になるように努めましょう。

ウソをつくのは容認できないこともありますが、子どもなりに理由があってのこと。子どものウソが気になったときは、これらの対応を試してみてくださいね。

この記事を書いたライター

ライター一覧 arrow-right
佐藤麻依子さん

22歳と18歳の男児2人の母。イライラママをニコニコママに変える子育てカウンセラー。「子育て3ステップ会話法®」を考案。著書『男の子のための魔法のこえかけ 3ステップしつけ法』。子育て心理学協会の「ココロ貯金®」講座も提供。イヤイヤ期・思春期・反抗期・受験期の悩みを解決します!

佐藤麻依子さんの記事一覧 v-right