どうしてこんなに食事に集中できないのかな…?そんなお悩みをもっているママ、多いのではないでしょうか。実は、あることを見直すと子どもの集中力がアップします!今すぐできるたったこれだけ?なポイントです。

index目次

座り方で、集中力が変わる!?

食事をするときや何か作業をさせるときなど、どのように座っていますか。

椅子に座る、床に正座する、など家庭や場合によって座り方はさまざまだと思います。ただ、どんな座り方にも集中力を高める座り方があるんです。

“足の裏”ぶらぶらしていると…

ダイニングテーブルの椅子では足の裏が床につかずぶらぶらしてしまいます。
子ども用の椅子だとこのような足をのせるステップが付いていたりします。

座り方として重要なのは、椅子の形態ではなく、足の裏が床についているかどうかです!

ヒトは椅子に座っているときに足の裏が床にしっかりついていると、姿勢が安定するため集中力もアップします。逆に、足がぶらぶらするような椅子に座らせていると、姿勢が維持しにくくなり、集中力も悪くなるのです。

最近は洋式な生活スタイルが多いですが、ダイニングテーブルのイスでは子どもは足がつかないのではないでしょうか。足をぶらぶらさせては食事に集中できず、注意される…ということも多々あるのではないかと思います。

正座でも集中力がアップ!ただし正しい座り方で

正座も足の裏を安定させる座り方となるため、集中力が持続しやすいといわれています。

正しい正座とは、少し親指同士が重なり、適度に開いたかかとの間にお尻を置くようにし背筋を伸ばして座ります。そのときにゆっくり深呼吸をし、息を吐ききって肩の力を抜くと、とても美しく座れます。

このように正しい座り方だと、猫背など悪い姿勢になりにくいのです。

どうしても足がつかないときは「お腹ぺったん」が◎

先にも言ったように、ダイニングテーブルでご飯を食べる家庭が多く、子どもの足の裏が床についてない状態が多いです。ただ、椅子を買い替えなくても、今すぐ試せる方法があります。

実はテーブルにお腹をつけた状態で座っていると、姿勢の維持がしやすくなり集中力も持続しやすくなるのです!お腹をテーブルにつけるだけなので、ダイニングテーブルでも床に座っているときでもできますよね。

猫背の矯正にもなる「お腹ぺったん」座り、ぜひ試してみてください。

この記事を書いたライター

ライター一覧 arrow-right
光永雅代さん
絵日記・漫画家

接骨院の副院長を務める2児のママ。骨格のプロとしての知識に主婦の知恵をプラスした、ママにオススメなエクササイズを提案します。

光永雅代さんの記事一覧 v-right