さて、すでにご存知の人も多いかと思いますが、都心から最も近い森林文化都市である埼玉県飯能市にオープン予定の「ムーミンバレーパーク」の開園日が、来年3月16日に決定しました!ムーミンの物語の世界が体験できるコンテンツの数々を紹介します。

index目次

ムーミンの世界への期待感が高まる、エントランス施設

物語への入り口はここから。ムーミンの物語が描かれた「本」のゲートをくぐり抜け、ムーミン谷へと向かうのです。これだけで、もうワクワクしてきそうです!エントランス施設には、さまざまなパンケーキメニューを楽しめるレストランや、ムーミングッズのショップなどが設置される予定だそう。
エントランス

原作を忠実に再現した「ムーミン屋敷」

ムーミンバレーパークでは、ムーミン一家が住む「ムーミン屋敷」が忠実に再現されるのだとか!原作同様に地上3階建てで、屋根裏部屋と地下室があります。
ムーミン屋敷
まず1階はキッチンとダイニング。2階はリビングに、ムーミンパパとムーミンママの部屋。3階はムーミンの部屋とリトルミィの部屋。屋根裏部屋は、ムーミンパパが執筆をするための書斎。そして地下室には、たくさんの食糧が保管してある貯蔵庫があります。ここ、ムーミン屋敷に遊びに行くことで、ムーミンたちの存在が身近に感じられそうですね。
ムーミン屋敷の中

ムーミンの物語を体験できる、「KOKEMUS(コケムス)」

KOKEMUS(コケムス)は、地上3階建ての展示施設。「コケムス」とは、フィンランド語で「体験」を意味するそうです。
コケムス外観
インタラクティブな体感展示スペースに、常設展や企画展、物語にちなんだものづくりワークショップも体験できるのだとか!また、北欧の輸入ムーミン雑貨を集めたセレクトショップやカフェも併設される予定とのこと。
コケムス
施設内にあるメインレストランは、ムーミンたちの夜の不思議な森のパーティーをイメージしているそうです。
レストラン
ムーミンの物語のテーマ性を意識した、世界最大級の品ぞろえのメインショップも!ここでお気に入りの一品が見つかるかもしれませんね。
メインショップ

ムーミンバレーパークは、家族で楽しめるコンテンツがいっぱい!

物語のエピソードの1つである、ムーミン谷が洪水に見舞われたときに流れてきた「エンマの劇場」。ここでは、ライブエンターテインメントが繰り広げられるそうなので、家族みんなで楽しめそう!
エンマの劇場
ムーミンパパの思い出、「海のオーケストラ号」に乗って、ムーミンたちと一緒に冒険の旅へ!これまでにない、ユニークな演出で臨場感あふれる体験が楽しめるのだとか。勇気、挑戦、友情、そして家族の絆をテーマとした、体感アトラクション。これは見逃せない!
海のオーケストラ号
冒険と思索の山、「おさびし山」では、子どもたちが自然の中で元気いっぱい遊ぶことのできるアスレチックやツリーハウス、おさびし山のシンボルとなる天文台が設置されるそうです。楽しそうですね!
おさびし山
また、絶景を楽しみながら、往復約400mの宮沢湖を横断飛行できるアクティビティ、「飛行おにのジップラインアドベンチャー」のスタート地点もあるそうです。「飛行おに」とは、小説「楽しいムーミン一家」に登場する、空飛ぶ黒ヒョウに乗って世界を飛び回る魔法使いのこと。スリル満点のジップラインは、まるで「飛行おに」になった気分を体験できそう!※身長制限あり
飛行おに

思い出を持ち帰れるフォトスポット

ムーミンバレーパーク内には、「水浴び小屋」や「灯台」など、ムーミンの世界を再現したプロップスが随所に用意され、まるでムーミンたちが近くにいるかのように感じられるそうです。
水浴び小屋
まさに、ムーミンの世界観そのもの!
灯台
また、ムーミン谷の仲間たちも撮影に訪れるという写真スタジオ「ムイックフォト」では、プロのカメラマンによる撮影サービスがあり、キャラクターたちと思い出の記念写真が残せるそう。
ムイックフォト外観
とっておきの1枚が撮れると良いですね。
ムイックフォト内観

2019年3月16日のムーミンバレーパークOPENが、本当に待ち遠しいですね!

最新情報はムーミンバレーパーク公式サイトをチェック!
https://metsa-hanno.com/moominvalleypark

この記事を書いたライター

ライター一覧 arrow-right
yucaさん

好奇心旺盛な3歳差兄妹のママ。芸大卒業後、広告関連会社のグラフィックデザイナー、化粧品メーカーの企画職を経て、フリーランスへ。北欧への関心が高く独自に研究中。モットーは、仕事も子育ても全力で楽しむこと!

yucaさんの記事一覧 v-right