いつもの白玉に、絹ごし豆腐とカボチャを入れました。彩りもキレイです。みたらしの他に、お団子風やきな粉砂糖をかけるなど、アレンジも◎(70kcal、たんぱく質1.7g、脂質0.5g/1人白玉4個当たり)

材料 約20個分
白玉粉
60g
カボチャ
100g
絹ごし豆腐
50g

A
しょうゆ
大さじ1
砂糖
大さじ2
かたくり粉
大さじ1
150g

作り方
所要時間20
STEP1
カボチャは皮をむき、ひたひたの水(分量外)を入れ、電子レンジにかけて(ゆでてもOK)やわらかくし、つぶしておく
STEP2
ボウルに絹ごし豆腐を入れ、形がなくなるまでつぶす。形がなくなったら、少しずつ白玉粉を入れて混ぜる(5gずつ入れて、白玉粉をつぶしながら混ぜると、まとまりやすいです)
STEP3
2がまとまったら、1と合わせて混ぜる
STEP4
約2cmの丸に丸め、親指と人差し指でくぼみをつける
STEP5
鍋にお湯を沸かし、4をゆでる。浮いてから1分ゆで、ゆで上がったら冷水にとる
STEP6
小鍋にAを入れ、かたくり粉を溶かす。混ぜながら火にかけ、みたらしを作る。沸騰したらできあがり
STEP7
お皿に、盛り付けたら完成
丸形のままゆでて、お団子風にしてもOK。きな粉砂糖をかけても、おいしいです

レシピエピソード

毎年、秋になると出るおやつ「白玉」。丸型だと、のどに詰まる危険があるため、少しくぼみをつけて作ります。また、クラスの発達に合わせて、半分に切って提供することもあります。(私の保育園では、乳児クラスには提供せず、幼児クラスから提供します)

保育園の白玉は絹ごし豆腐を入れて、やわらかく仕上げています。幼児クラスでは、クッキングにも取り入れることもあります。子どもと一緒に丸めることができるので、一緒に作ってみてください。

この記事を書いたライター

ライター一覧 arrow-right
小林 翠さん
プラチナライター

保育園栄養士、幼児食アドバイザー、インナービューティーダイエットアドバイザー。7歳と5歳の子を持つワーキングマザー。

小林 翠さんの記事一覧 v-right