仕事の帰りが遅くて、子どものお迎えに間に合わない!夫には頼めないし、夫婦の実家も遠い…。そんな私が、下の娘が1歳から5歳になるまで利用していた「ファミリーサポート制度」。興味はあるけど、利用するのは不安…という方は参考にしてくださいね。

index目次

「ファミリーサポート制度」とは?

巷でよく聞く「ファミリーサポート制度」。通称「ファミサポ」と呼ばれています。正確には「子育て援助活動支援事業(ファミリー・サポート・センター事業)」だそうで、どんな活動なのかというと…

乳幼児や小学生等の児童を有する子育て中の労働者や主婦等を会員として、児童の預かりの援助を受けることを希望する者と当該援助を行うことを希望する者との相互援助活動に関する連絡、調整を行う

出典:厚生労働省ホームページ

つまり、子どもを預かってほしい会員が、預かりたい会員に預けるための手続きをしてくれる、ということです。平成28年度には、833市区町村での実施実績があるようなので、お住まいの自治体で実施されているかどうか、まずは調べてみてください。

私が住んでいる大阪市では?

大阪市は「子育てを援助してほしい人(依頼会員)」 と 「子育てを援助したい人(提供会員)」を会員として、互いに子育てを支え合う「大阪市ファミリー・サポート・センター事業」を実施しています。ちなみに、依頼会員と提供会員の両方に登録している、両方会員もいます。

利用はどんなときに、何歳の子が、何時から何時まで?

  • 保育所・幼稚園等の開始前や終了後に子どもを預かること
  • 保育所・幼稚園まで、子どもを送迎すること
  • 学校の放課後や放課後等に行われる児童健全育成活動の終了後、子どもを預かること
  • 子どもの体調不良等、会員の育児に伴う負担軽減等、臨時的・突発的に援助が必要な時に子どもを預かること
  • 保護者の急用(傷病、看護、冠婚葬祭)などのため、少しの間、子どもを預かること
  • その他、会員が育児疲れのリフレッシュなど子育てを離れて自分自身の時間を持つため、援助を必要とする時に子どもを預かること

(出典:大阪市ファミリー・サポート・センター

ただし、子どもの体調不良時には制限があり、医療機関にかかる必要のある子どもは、見てもらえないことになっています。また、預けられる子どもはおおむね生後3か月から10歳未満。時間は平日の7:00~20:00ですが、早朝・深夜や休日は応相談です。

私の場合は、次女が1歳になり仕事を再開するときに、4歳上の長女と別の保育園に決まってしまったため、「お迎えに間に合わないことがあるかも…」と思って入会しました。

実際に利用したのは、帰りが遅くなる日の17:30頃から18:30頃の1時間程度。1人だけ、または2人のお迎えと、その後私が迎えに行くまでの保育が主でした。

利用料金はどれくらい?

利用料金は、通常の平日7:00~20:00の場合は1時間あたり800円。早朝・深夜や休日は、1時間あたり900円になるそうです。また、兄弟姉妹で利用する場合、2人目は半額の400円になります。つまり、1時間あたり1200円です。

提供会員はどんな人?資格や研修はあるの?

提供会員の条件は、以下の通りです。

  • 市内在住で自宅で子どもを預かることのできる方(資格や経験、男女を問いません)
  • 子育てで社会に役立ちたいと思っておられる方
  • 子育てに関する知識を学んでいただくために、約24時間の講習を受けていただきます

(出典:大阪市ファミリー・サポート・センター

私がお願いしていた方は、自宅から徒歩5分のところにお住まいの元保育士さんで、2人の息子さんがいらっしゃいました。他にも、提供会員として登録しているママ友も数人います。育児経験のある方が多いような印象でした。

「ファミリーサポート」の利用の仕方

大阪市の場合の「ファミリーサポート」を利用する流れを紹介します。

  • 入会
    各支部に訪問

    入会希望者は、住んでいる地域の各支部に事前に電話予約後訪問し、事業の説明を受けます。入会には、保護者(登録者)の写真と印鑑が必要です。どんな援助をしてほしいか、曜日や時間なども伝えておきます。

  • 紹介
    ペアリング(事前打ち合わせ)

    条件の合う提供会員が見つかれば紹介してもらい、コーディネーターの立ち合いのもと、子どもの性格や日頃の様子、緊急時の連絡方法などを話し合います。
    私はこのときに子どもたちも一緒に連れて行き、「これからこの人がお迎えに来てくれることがあるよ」と話しておきました。提供会員の方とは初対面でしたが、当時で提供会員を始めて10年になるベテランだということ、ご自身も元保育士さんで2人の息子さんがいらっしゃることを聞いて、お願いすることにしました。
    その方の都合が悪い場合もあるため、他にも3人の提供会員を紹介してもらいました(そのうち2人はまさかのママ友)。が、結局最初に紹介していただいた方にばかりお願いしていました。

  • 依頼
    援助活動依頼

    援助を受けたい日が決まったら、コーディネーターに連絡します。コーディネーターが提供会員に連絡し、依頼会員に返事を伝えるという流れです。援助を受ける前日には、依頼会員から提供会員に連絡し、内容や子どもの体調などの確認をします。
    急ぐときには、直接依頼会員から提供会員に連絡し、援助を受けることもありますが、必ず事後にコーディネーターへの連絡が必要です。また、月末にはその月に援助を受けた回数などを連絡することになっていました。

  • 活動
    お迎え・自宅での保育

    私の場合は保育園や小学校のお迎えに行ってもらい、そのまま提供会員の自宅で預かってもらっていました。親の用事などで預ける場合も、基本的には提供会員の自宅で預かってもらうことになります。自宅以外では、習い事の送迎などをお願いできるようです。
    なお、大阪市では、病気の連絡があった子どものお迎え後の提供会員の自宅での預かり、病院への送迎などはお願いできません。

  • お迎え
    引き取りと報告書の受け取り、支払い

    提供会員の自宅へ迎えに行き、援助提供活動報告書を受け取り、署名・捺印します。それから報酬を支払い、子どもたちを引き取って帰宅します。
    このときに、保育園や小学校からの申し送り事項や、子どもたちの様子などを聞いたり、たまには愚痴を聞いてもらったりしていました。

活動後にもらっていた「援助提供活動報告書」。とても詳しく書いてくださる方で、毎回読むのが楽しみでした

「ファミサポ」を利用してよかったこと

最後に、実際に私が利用していて感じたことをまとめてみます。

「遠くの身内より近くの他人」という真実

大阪市在住で実家が福岡、夫の親も京都在住で、緊急時には身内に頼れない私にとって、いざというときに頼れる助っ人「ファミサポ」の存在は本当にありがたいものでした。

私がインフルエンザになってしまったときには、姉妹の保育園の送迎を急きょ引き受けてもらったことも。…あれ?夫は何をしていたんだろう(苦笑)。

「自分とは違うタイプのお母さん」に出会える機会

私がお願いしていたファミサポは、当時高校1年生と小学6年生の2人の息子さんを育てておられ、ご主人は少年野球の監督もなさっており、とわが家とはかなりタイプの違う家族でした。人柄がとてもおおらかでいつもニコニコ、うちの娘たちも大好きで「今度はいつファミサポさん?」と聞いてくるほど。

2人の息子さんも、小さい子どもの面倒を見るのに慣れていて、男兄弟のいないうちの娘たちはいつも遊んでもらっていました。近所でもあり、本当に良い方に恵まれたと思っています。

「子どもを見るのは自分だけではない」という安心感

育児中は、「自分の子どもはこれで大丈夫?」と不安に思うことがしばしばありますよね。身内ではなく、保育園や学校の先生でもなく、ママ友でもない、自分がいないときに子どもたちの様子を見てくれるファミサポだからこそ、気づいてくれることが多々ありました。

子どもたちの長所やできるようになったことなど、私が日頃見過ごしてしまうようなことまで事細かに知らせてくださって、すごくありがたかったです。育児中に自分の子どもを見てくれる他人の目、意外と大事だと思いました。

以上、「ファミリーサポート制度」について私の体験をもとに紹介してみました。援助の内容は自治体にもよりますし、提供会員さんとの相性もあり、そもそも「よく知らない方の自宅に子どもを預ける」ことに抵抗のある方もいるのかなと思います。ただ、ひとこと言わせていただくと、

育児中に頼れる手は多い方がいい!

少なくとも私は、ファミサポなしではこれまでやってこられなかった自信があります!個人的には、「1時間800円払ってでもお母さんの息抜きの時間を作るべき!」とさえ思っています(笑)。

民間のベビーシッターさんやシルバー人材センターなどの利用を考えている方は、その選択肢にファミサポを入れてみてはいかがでしょう。

この記事を書いたライター

ライター一覧 arrow-right
ふみきさん

福岡出身、大阪在住のまあまあフリーなライターです。夫と娘2人の4人暮らし。趣味は本屋巡り&図書館通い。忙しいママにおすすめの本や漫画をご紹介します♪

ふみきさんの記事一覧 v-right