結婚式などで花嫁さんの手首を華やかに彩る、お花のブレスレット『リストブーケ』実は100均で材料のみでも簡単に作れます。 小さなお子さんにワイヤーを使うのが怖いママさんにもお勧めの作り方。髪留めやアクセサリーなどにも使えます。

index目次

準備する物

  • くるみボタン(今回は直径27mmの物を使用。サイズはお好みで)
  • 造花(大小2種以上で、色をある程度揃えると見た目がまとまりやすいです。そんなに沢山大きな花は付けられないので注意)
  • フェルト(付ける花の色と同系色か緑、白など花や葉に合わせた色だと目立ちにくいです)
  • リボン(今回は6mm×50cm程使用。金具の穴を通る太さの物。紐・髪ゴムでも可。手首に巻いて結べる程度の長さ)
  • グルーガン
  • ニッパー
  • ピンセット(細かい花の取り付けなどに不安な方はあると便利)

リストブーケの作り方

1.くるみボタンの留め具が付いている方の金具と、フェルトを準備

留め具がついている方を土台部分として使用します

2.金具を型代わりにしてフェルトに円形をなぞり、切り抜く

綺麗に丸く切り抜けなくても大丈夫。花を接着しやすくする為の土台です

3.フェルトをグルーガンで金具内側に貼り付ける

グルーガンは高熱なので火傷に注意
貼り付けました

4.造花の葉や花の部分だけ、ニッパーで切り取る

5.切った花の根元部分にグルーガンを付け、金具にお好きなバランスでフェルト部分に付けていく(グルーガンを付ける時、花や葉の他の部分に付かない用に注意)

6.お花部分の完成(先に葉や大きめの花を付け、隙間を埋めていく様に小さな花を付けて仕上げていくと全体のバランスを取りやすいです)

正面、裏から見た様子

7.留め具にリボンを通して完成

リボンを通して中央辺りで1度結び、動かないように固定しておくと手首に巻く時着けやすいです。

髪留めやマグネットにアレンジ

鞄の飾りや、髪ゴムとして使用しても可愛いです。小さなお子さんには、同じく100均で購入出来る小さめのシュシュに縫い止めたり結びつけたりすれば、そのまま髪留めやブレスレットとして使用できます。着脱も簡単です。

余った留め具が無い方の包みボタンの金具も、同様にお花を付けて裏にグルーガンでマグネットを付けると、お花のマグネットが出来ます。

冷蔵庫のメモ留めマグネットに使用してます。ちょっとした手土産などにすることも

リストブーケのグレードアップ。100均で購入の造花だけでなく、こだわりの造花などを使う事でリストブーケがグレードアップします。また、2連にする事で手首周りが更に華やかになります。リボンにビーズなどを付けても可愛いです。

長時間着ける場合や2連にする場合、ゴムでブレスレット状に留めておくと外れにくくなります。

結婚式などで花嫁さんの手首を華やかに彩る「リストブーケ」を、クリスマスやパーティにもいかがですか?

この記事を書いたライター

ライター一覧 arrow-right
akkoさん

1歳の娘と、多趣味な旦那、甘えん坊の猫2匹暮らし。ぬいぐるみデザイナーとPCインストラクターの経験から、趣味兼実用で、安く手軽な生活に役立つモノ作りを趣味にしています。

akkoさんの記事一覧 v-right