経験者が語る!最強の授乳用インナー

冬は寒い。寒いと授乳がつらい。当たり前ですね…。わが娘は先月、1歳5カ月で卒乳いたしました。なので今年の冬はもう寒さに耐えながら授乳することはありません。愛しい子どもの成長がうれしいような、ちょっぴりさみしいような。

とまあ、私個人のしみじみセンチメンタルは置いておいて、まさに授乳中のママさんたちへどうしてもお伝えしたいことがあるのです。

私が去年の今頃、寒さに耐えかねて編み出した(?)あったか授乳テクです。

みんなー!インナーを横に切ろう!

世の中には授乳服とか、授乳時にまくり上げた服を留めておくためのネックストラップとか、便利なものがいろいろありますよね。でも冬って中にいろいろ着込むじゃないですか。

一番上の服だけ授乳仕様になってても、その下のインナーは普通の肌着なので結局モソモソたくしあげないといけないわけですよ。せっかく冷えないように肌着の裾をパンツの中にキュッと入れ込んでるのに、それも出さなきゃいけない。おなかと背中が寒い!

かと言って首元をびろーんと伸ばして上からお乳を出しても、首とデコルテが寒い。首の後ろが窮屈になるし。それに、首元デロデロになっちゃたらもう来年着られませんよね?

どうせ来年着られないならズバーっといっちゃいましょう!ハサミで。

ちょうど乳首の高さになるところを、端から端まで一直線に切るのがポイント。所要時間10秒。ただ切るだけです。

肌にぴたっとフィットするタイプのものがおすすめです。ゆるいものだと、ヒラヒラして結局手でめくって押さえないといけなかったりしますからね。

着てみるとインナーからお乳だけがプリッと出てて何だかセクシーな感じになりますが(笑)。なぁに、これで出歩くワケじゃなし、問題ありません。

その上から授乳服なり、前開きのシャツなりを羽織ってしまえば、周りの誰もその下にお乳部分を切り裂かれたインナーを着てるなんて思いもしません。

授乳したいときはササッ、ポロリ。2秒で乳首を出せます。冷たい空気に触れる部分は最小限なので、おなかも背中も首元もぬくぬく。パジャマの下に着れば、夜間も寝そべったまま片手でポロリンできて寒くない。

いや、いろいろツッコミたくなるのはわかります。でも、まずは何も言わずに試してみてください。本当に暖かいんです。

一歩踏み出す勇気を持とう。きっと世界が変わるから。

なんて、なんのこっちゃ。

この記事を書いたライター

ライター一覧 arrow-right
けろまい まいこさん

なんとなく適当に生きているパート主婦。特技はゴロゴロすること。苦手なものは家事全般と仕事。同い年の夫&1歳の娘との日常をゆるゆるお届け。転勤族の妻。

けろまい まいこさんの記事一覧 v-right