スイーツと聞くと、華やかでカラフルな見た目を想像しますが、ローソンウチカフェの最新作は、なんととってもシックな色合いの大福!断面はインパクト大の黒と白の2色です。果たして、そのお味やいかに!?

index目次

中身が黒い大福が新発売…!?

美しい紅葉もピークを過ぎ、月末の心踊るクリスマスに向け、イルミネーションやツリーで街中も賑やかな色合いになってきました。気持ちも浮き足立ち、新年に向けての予定が立て込んで、慌ただしくなるこの時期、ローソンからこんな新商品が発売されました。

「黒胡麻香る純生クリーム大福」130円(174kcal)

あれ…、黒い…。

白、黒、グレー…と、この時期にしてはインパクトある色合いだと思いませんか?それに黒胡麻がたくさん入った、素朴な見た目。

私のような素人の考えだと、この時期といえばクリスマスや新年を意識した、華やかでキラキラしたスイーツを発売しそうな気がするのですが…?

この時期には、むしろ逆にシックなのがインパクトのあるこの大福。それに中身の黒い部分は、一体なんなのでしょう?それに、どんな味がするのでしょうか?気になります!

さっそく開けてみましょう!

さっそくパッケージを開けてみました!大福って、このコロンとした手のひらに合う形が、本当にかわいらしいですよね~!

皮には黒胡麻がツブツブと、たくさん入っています!それに、真っ白な粉がた~っぷりとかかっていますね。

これは、パッケージの裏面に「新潟県産もち米粉(羽二重粉)」と書かれていました。

パッケージ裏面。アレルギー表示も

恒例!?「ぱっかーん!」と割っちゃいます

「中もちゃんと見たい!」と思ったので、包丁で切ってみたのですが、そこはさすが大福というべきなのか、柔らかくてうまく切れません!お餅の皮ももちもちしているので、包丁に貼りつくし、せっかくの羽二重粉も飛び散ってしまいました。

まあ、それはそうですよね、本来、大福は中身を見るためのものではなく、パクッと食べるためのものですものね。(笑)むしろ、もっちもちな柔らかさは、味への期待が膨らむというものです。

気を取り直して、定規を当ててみると、直径は6cm弱というところ。

でも、こんな画像でも中身の黒さはしっかりとわかりますね~。近づいてみると、こんなにみっちりと詰まっています!

公式サイトを見ると、この中身の黒い部分は「黒胡麻の香ばしいコクを合わせた絹ごし食感のあん」、白い部分は「北海道産生クリーム」とのこと。

絹ごし食感の“あん”と“生クリーム”の組み合わせ!これは、間違いなくおいしいやつです!

やっぱり中身の正体がわかると、テンションが上がりますね!

いただきま~す!

まずは皮を

柔らか~いお餅の皮自体は甘くないのですが、黒胡麻がたくさん入っているので、噛んでいるとところどころで、プチプチして楽しいです。

次に黒胡麻のあんと生クリームを

絹ごし食感というだけあって、舌触りがとてもいいです!サラサラ~っとした食感で、あん独特の濃い甘味の中に、胡麻の風味を感じます。そこに生クリームのふわっと食感が加わると、本当においしい~!

皮と中身を一緒に食べると

甘い中身と皮に入った黒胡麻のプチプチ感が、一気に伝わってきて楽しくておいしい!

お供におすすめしたいのは

すごくおいしい大福です!黒胡麻あんのしっかりとした甘味と香ばしさがあるので、食べた後にはほっこりした気分になります。それでいて、中の生クリームで和菓子によくあるどっしり感が上手に中和され、軽く食べることができました。これは、「あたたかいほうじ茶が合う!」と思いました。

気になるカロリーと値段は?

値段は、ローソン標準価格130円(税込)、カロリー174kcalとのこと。残念ながら、沖縄地域のローソンでは取り扱いがありませんが、それ以外の地域の人は見かけたら、ぜひ手に取ってみてくださいね!

慌ただしい日が続く12月。「黒胡麻香る純生クリーム大福」でほっこりタイムをお過ごしください!

※今回レポートした商品は、購入時期や地域によっては販売していない場合もあります

この記事を書いたライター

ライター一覧 arrow-right
岬さちこさん

岬さちこと申します。時間がないときや体調が良くないときでも、ささっと作れる時短料理を紹介します。忙しいお母さんの参考になれば幸いです。

岬さちこさんの記事一覧 v-right