リビングを通るたびに頬がゆるむ姉と兄

リビングには、次女が七五三のときに撮影した写真を飾っています。着物は次女が決めたピンク色です。

その写真の前を通るたびに、頬がゆるむ長女と長男。親が悩みに悩んで厳選した笑顔の写真よりもいい顔をしています。

かわいい~!ほんまかわいい~着物もドレスもどっちも似合うな~

傘重くなかったんかな?←笑

など言い合って、2人は次女のことを褒めちぎっています。

写真は少しの間うちで飾って、四国に住むお義母さんに送るつもりなのですが、長女はこんな事を言ってました。

「ばあばのところに送ったら、この写真なくなっちゃうんやんな…。でもばあば、うれしいやろうなぁ。」

ばあばの気持ちまでわかっちゃうのは、長女が次女のことを孫のようにかわいがっているからでしょうか(長女よ。データがあるから安心してね。)。1日に数回は、ホワワワ~ンとなってしまうのでした。

この記事を書いたライター

ライター一覧 arrow-right
ニタヨメさん
プラチナライター

ほお骨と腹回りが盛り盛りな母です。にぎやかな9歳、6歳、2歳の子どもがいます。夫は1歳下で髭多め。Instagramで育児日記を描いてます。

ニタヨメさんの記事一覧 v-right