図書館通いが習慣化してきたわが家。子どもの読書欲が強いのはうれしい反面、冊数が多くなると、かなりの重さに図書館に行くことが、少し億劫になることも…。そんなとき見つけたコレ!あまりにも快適すぎて、図書館通いの必須アイテムとなりました♪

index目次

わが家の読書事情

今まで絵本の読み聞かせの大切さなど、いろいろなところで見聞きしてきましたが、フルタイムワークでそんな時間もないし、保育園で読んでもらっているだろうし、絵本はたまーに読む程度。

昨年の夏、第二子を出産して育休に入り、自分の時間に余裕ができたため、図書館通いをスタート。小学校教諭の母のススメもあり、長女が4歳で遅ればせながらの図書館デビューです。

私の住む地域では、1人10冊まで借りることができるので、利用カードを私、夫、長女の合計3枚作り、一度に30冊借りて2週間後に返却しています。

通い始めると、私も娘も想像以上に楽しくて、借りたら期限までに返す。返しに行ったらまた借りる…で、あっという間に図書館通いが習慣化しました。

30冊の本の持ち運び…階段だらけのわが家

これも母のススメで、最初は旅行用のスーツケースを使って、えんやこらと図書館まで通っていました。

ででーん!と黒のスーツケース。収納力は抜群だけど、図書館に行くには大きさが…

わが家には、自宅駐車場から玄関の扉まで20段程度の階段があり、やっと家に着いても、そこから主に読み聞かせをする2階の寝室まで、さらに階段を上がらないといけませんでした。本を入れたスーツケースの持ち運びが、なかなかハード。

そのうち、生後数カ月の次女をエルゴで抱えながら、スーツケースを持ち運ぶことに、大変さを感じ始めました。しかし、せっかく習慣化した図書館通いと、寝る前の読書をやめる方が惜しくて、何とか…もはや…意地で通っていました。

図書館カウンターで、大きなスーツケースを広げて、大量の本を出し入れするのも、目立つので少し恥ずかしかったです。

でも、図書館の係の人が「こんなにたくさんの本を読んでもらえて幸せね~。スーツケースで来られる人、他にもいますよ!」と言ってくださり、それが励みに。

娘が欲しがったから買ったコレ

ある日、コストコに行った際に見つけた、子ども用のキャリー付きスーツケース(※現在、コストコでの販売はないようです)。娘がとても欲しがるので、「おもちゃでも入れようかな~」と、特に用途も決めずに買いました。

アイデス「リトローリー」3880円 ※購入時価格

「乗って遊べるおもちゃ箱!?」のキャッチフレーズがあり、子どもがまたがれるように、中央がくぼんでいて座りやすく、短いストラップもあるので、それを持って足で蹴って進むことができます。

帰宅して箱から出して、家の中をまたがって走る娘、やたら滑りがスムーズだな~…と思っていたら、それもそのはず、アイデスは子どもの三輪車で有名なメーカー!

わが家も持っています。アイデスの三輪車(左)

タイヤ部分が軽いのにしっかりしていて、程よい太さが滑らかな滑りを実現しているのか、とても使いやすくて不満なしだった、アイデスの三輪車。

そのアイデスのスーツケースなら、きっと同じように滑らかに、道路の凹凸やカーブも快適に走れるんだろうな…と思い、

そうだ!図書館用にしよう!

娘も文句なしで賛成してくれました。

商品スペック

今まで使っていた旅行用スーツケースよりは確実に小さいので、さすがに30冊は入りません。本の大きさにもよりますが、20~24冊が限界(わが家調べ)。

積載荷重は10kgまで、制限体重は30kgまで、対象年齢は3歳以上から。小さな見た目で、力持ちなところもさすがです。

そして、なんとダイヤル式ロック付き!

わが家では一度、子どもが適当にダイヤルしてロックがかかってしいまい、買って早々開かなくなってしまったことが…。

買ったばかりなのに諦めるしかないのか…?説明書にも「ダイヤルがわからなくなってしまった場合、当社でお開けすることはできません」の記載があり、母娘で半泣き状態に。

夫が全部の数字パターンを試そうと挑戦してくれ、奇跡的に30回目くらいで無事にオープン!それからダイヤル部分を触るのは、わが家では禁止になりましたが、旅行のときなどにロックをかけられるのはいいですよね!

短いストラップだけではなく、長いストラップもあるので、大人が肩からかけることもできますし、子どもを乗せて引っ張るのも楽勝。

快適さを増した、わが家の図書館通い

実際に使ってみると、想像した通り、動きが滑らかで道路の凹凸もカーブもなんのその!

通行している人に配慮する必要はもちろんありますが、動きがスムーズなので、ちょっと長い距離の移動も全然苦ではありません。子どもがまたがっているのを大人が引っ張るのも、子どもが自分で引っ張るのも、本当に簡単&快適です。

「さすがアイデス、子どものことをよく考えて作っているな~!」と感心しきりです。図書館の係の人も「これに本が入っているんだ!とっても良いね!」と驚きと同時に褒めてくれ、娘もご満悦。ますます図書館が大好きになりました。

IKEA「SKUBB スクッブ(ボックス、ホワイト)31x34x33cm」1499円(3ピース)

借りてきた本はIKEAのスクッブに入れて、自分の本と混ざらないように管理しています。クリップで返却日の書いてあるしおりを毎回挟んで、返却日も忘れないように。

リトローリーで、絵本の世界へ世界旅行!子どもも大人もワクワクの図書館通い、始めてみませんか?

この記事を書いたライター

ライター一覧 arrow-right
Sumikaさん

仕事、家事育児以外に自分の人生も存分に楽しみたくて、いろ~んなことに興味津々!気になったことはトコトンやってみたい!いくつになっても好奇心旺盛でいたい!そんな5歳と1歳姉妹の元気いっぱいママです♪

Sumikaさんの記事一覧 v-right