/ 2020.02.14

リングピローとは、挙式の指輪交換まで、新婦新郎の指輪を保管しておくためのもの。結婚式の2人の大事な思い出をさりげなく、来客のときにも恥ずかしくなく使えて、飾ることができる。そんな記念のリングピローを手作りしてみませんか?

index目次

「リングピロー」とは

リングピローとは、挙式の指輪交換まで、新婦新郎の指輪を保管しておくためのものです。元は古代エジプトの結婚式で、主君に献上するときに、貴重な宝物品を置く宝石台として使われていたものが始まり、といわれています。

リングピローは、記念に花嫁が作ってもいいですし、親族や仲の良い友人などに贈るために、何か作ろうと考えている人にとっても、おすすめのギフトです。

結婚式当日での使い方としては、

  • 指輪交換の際に使用する
  • 挙式の演出として飾る
  • ウエルカムスペースや高砂の演出用の小物として飾る
  • 前撮り・後撮りの持ち込み小物やペーパーアイテムの演出として利用する

…など。

最近では、枕状のクッションタイプだけではなく、箱形や貝殻・フラワーを使ったものなど、さまざまなタイプがあります。どうせなら、式の後も飾ることができ、使うこともできるものが作れたら、素敵ですよね。

用意するもの

  • 生地
  • リボン
  • 綿
  • ワイヤー素材の台座
  • 針と糸
  • 手芸用ワイヤー
    ※グルーガンや布用接着剤などもあると便利です

まずは、イメージして台座選び

プリザーブドフラワーや多肉植物用のワイヤーの台座は、ひと工夫するだけで、すてきなインテリアとなるのでおすすめです。今回はワイヤーの鳥かご型で作ってみようと思います。

「ワイヤースタンド セット(小)鳥かご型」1620円(楽天市場で購入)

次に、クッション部分の生地選び

今回は、グレーとグリーンのボア生地を使用

雰囲気に合った、装飾や小物を用意

造花、レース、ファブリックパーツなど…、どのように飾りたいか、イメージに合った小物を用意します。今回は、鳥かごのベースに合わせて、イメージに沿った鳥のモチーフと、造花を用意しました。

ダイソー「バードワイヤー」「造花」各108円

作り方

  1. 台座にする鳥かごの中の直径サイズを測る(今回は直径10cm)
  2. コンパスを活用して、直径と同等の円型を切り抜いて、台座へ合わせてみる
    生地の厚みを考えて、少し型紙の時点では、小さめの方が綿を詰めたとき、鳥かごへはめやすいです
  3. 生地に型を当て、型取りをし、そこから1cm外側を切り抜く。もう1枚も同様に切り抜き、中表に合わせて、2cmほど返し口として開けておき、ぐるっと縫い合わせる
    生地をひっくり返すのと、綿を入れるための返し口。それほど縫う量もないので、手縫いでも簡単にできます
  4. 生地を裏返し、箸などでしっかりと生地を表に返し、綿を詰めて、開いている部分を縫い閉じる
    台座へ合わせてみて、きちんとはまるか確認しながら、綿を詰めていくと失敗しにくいです
  5. クッション部分に、指輪を留めるためのリボンを付ける(今回は幅3mmのリボンを使用)。20cmほどを半分に折り、真ん中をクッションに縫い留める
    2つ指輪を付けたときに、お互いが重ならないような位置に付けてください
  6. ワイヤー鳥かごの本体を、デコレーションしていく。まずは、鳥をクッションの出し入れで邪魔にならない位置に、針金を巻きつけるクッションをはめてみて、指輪を付けたとき、鳥が邪魔にならない位置についているか確認する
  7. カゴ部分に、葉や花の造花を付けていく
    今回は花材などに使う「紙巻ワイヤー#24 36cm(200本)各349円」を留め具として使用

    正面から見て、どのあたりに何を付けたいか、バランスを見ながら付けていくワイヤーもできるだけ目立たないように、しっかりとくくり付けていく

  8. 鳥かご土台部分にも造花を付けていく。同様に、正面からのバランスを見つつ、ワイヤーはできるだけ見えないようにすると、きれいな仕上がりに
    少し造花を広げるなどして、バランスを取ると良いですよ
  9. クッションをはめた状態の鳥かごをかけてみます。ここで完成にしてもOK私はネックレスもかけて飾れるようにしたかったので、上にも枝状の造花を付けました。これで完成です!
    ネックレスを上から枝にかけて、一緒に飾ることができます

一生に一度の結婚式に使用する、リングピロー。ちょっとひと手間かけて、オリジナルの飾って使えるインテリアとして、手作りしてみませんか?

この記事を書いたライター

ライター一覧 arrow-right
akkoさん

3歳のイヤイヤおてんば娘と、多趣味で自由人な旦那、野生0で甘えん坊な猫2匹暮らし。ぬいぐるみデザイナーとPCインストラクターの経験から、趣味兼実用で、お手軽で役立つモノ作りを趣味にしています。

akkoさんの記事一覧 v-right