さまざまな経験を乗り越え、少し余裕が出てくる40代。子育てが一段落する人、責任ある仕事を任される人などさまざまですが、そろそろ“人生の折り返し地点”を意識するようになる頃でもあります。若い頃に比べれば衰えを感じるとはいえ、まだまだ気力も体力もある今のうちに、やっておくべきこと&やっちゃダメなこととは…?

人生の先輩女子に聞く「後悔したことランキング」最終回となる今回は、40代編をお届けします。

※アンケート実施期間:2018年11月1日~11月30日、有効回答数:343

出典:リビングWeb

歳を重ねたからこそ見えてくる? 40代のときに“やって”後悔したことランキング

子供が少しずつ手を離れる40代。時間に余裕が出てきて、自分のことを見つめ直す機会も増えますよね。「40代に“やって”後悔したこと」(複数回答・記述式)にはどんなものがあるのか、さっそく見ていきましょう。

■5位:焦ってマイホームを購入

一生に一度の大きな買い物、家。マイホームを手に入れるのが夢という人も多いでしょう。しかし…。

・建売のマイホームを購入したが、近所にどんな人が住んでいるかもっと調べてからにすればよかった。(ししまる、51歳)

・外壁塗装の色選びに失敗。もっと落ち着いた色にすべきだった。今でも気になる…。(みんみんぜみ、54歳)

家は一生でいちばん長く過ごす場所。購入時期や予算など制限はありますが、後悔する時間が長くならないようにじっくり吟味したいものです。

■4位:不摂生な生活

健康管理をおろそかにすると、年齢を重ねるほど病気のリスクがアップ!

・運動不足と食べすぎのせいで毎年5kgずつ体重が増加。40代後半で膝を悪くした。若い頃は何を食べても太らなかったのに、加齢は恐ろしい…。(マッコイ、55歳)

・お酒を飲みすぎて糖尿病になった。(けやかけ、51歳)

人生100年時代。そろそろ食生活や運動習慣を見直す時期に来ているようです。

■3位:子供に手をかけすぎた

30代編でも上位にランクインした「子育て」がここでも登場。

・子供に干渉しすぎた。(ぶたぶた、55歳)

・いまにして思えば、子供を塾に行かせすぎてだかなぁ…。(雪ん子、60歳)

・違った子育てもあったのでは…と、ふと思うことがある。(ゆ~りん、57歳)

親からしてみれば、いくつになっても子供は子供。あのときこうしてあげていたら…という思いは多くのお母さんが抱き続けるものなのかもしれませんね。

■2位:仕事が思うようにいかなかった

子供が手を離れてまた働き始める人も少なくありません。でも、ブランクを埋めるのが難しいことも…。

・子育てが一段落し、再就職。でも頑張れば頑張るほど空回りし、職場のお荷物に…。結局いたたまれなくなって辞めてしまった。(ゴローさん、58歳)

・意にそぐわない仕事を頑張ってきたが、うまくいかなかった。(カルチャークラブ、50歳)

人生、頑張ってもうまくいかないことはありますよね。いったいどうすれば良かったのか…。答えのない問題ですが、せめて後悔だけはしないように、自分の気持ちに正直に生きたいものです。

■1位:お金のムダづかい

20~30代ではトップだった「結婚」が、40代では圏外に。代わりに上がってきたのが「お金のムダづかい」です。

・節約しているようで、ムダな買い物が多かったこと。(麿呂、54歳)

・毛皮を買ってしまった。いまとなってはムダの極みだったと後悔している。(若冲ファン子、54歳)

・洋服を買いすぎてもったいなかった。(フヂちゃん、60歳)

収入が増えてきたぶん、使う金額も大きくなってしまったのでしょうか。子供が大きくなってお金がかかったり、老後資金が気になり始めたり、貯蓄意識の高まりによる面もありそうです。

だんだん取り返しがつかなくなってくる…40代のとき“やらずに”後悔したこと

続いて「40代で“やらずに”後悔したこと」(複数回答・記述式)という質問では、以下のような結果に。

■5位:早く離婚すればよかった

20~30代では出てこなかったワード「離婚」が40代で初めて登場。

・我慢せず、40代のうちに離婚しておけばよかった。(つっくん、53歳)

・愛情はとっくになくなっていたが、子供や経済的な理由で離婚せず。いま思えば早く離婚して再婚を考えればよかったかも。(まみむめも、56歳)

離婚したくても、子供のことを考えるとなかなか踏み出せないという女性は少なくないようです。

■4位:もっと親孝行したかった

自分自身にも“老い”を感じ始める40代。久しぶりに会った親の背中が小さくなっていて、ハッとした経験を持つ人も増えてきます。

・母が他界したが、もっともっと寄り添ってあげればよかった。頑張ったつもりだが、まだまだ足りなかった。(tamasuke、50歳)

・親が若いうちに、あちこち連れて行ってあげれば良かった。(まゆぅ、52歳)

時は待ってくれません。「孝行したいときに親はなし」と悔やむことがないよう、日頃から親孝行はしておきたいですね。

■3位::もっと貯蓄すべきだった

どの世代でも、先立つものは大事です。

・もっと貯金しておけば良かった。(しゅんたろー、54歳)

・仕事をしていなかったので貯金できなかった。(まゆたん、59歳)

人生の折り返し地点にさしかかり、老後のことが気になり始める時期。将来の安定した生活のためにも、貯蓄はしっかりしておきましょう。

■2位:運動しておけばよかった

体力が落ちて疲れが取れにくくなる40代。もっと意識的に運動すればよかったと後悔している人が多く見られました。

・まだ心身ともに元気だったので、ジムやヨガなどスポーツに励めばよかった。(なっちぇるん、53歳)

・毎日のストレッチ。やらなきゃ…と思いつつ、ついついサボって運動不足。更年期障害が重くきた。(ひろりん、58歳)

「40代ならまだ間に合う!」というコメントも多数。いつまでも健康でいるために、いまのうちから体力づくりを始めたいですね。

■1位:仕事をすればよかった

現在50代以上の女性は、結婚を機に退職することも多かった世代。そんな先輩たちが後悔しているのが、40代のときに仕事をしなかったこと。

・育児を言いわけにして、まったく仕事をしなかったこと。(ぴろりんこ、51歳)

・仕事に出たかったのに、反対されて諦めた。もっと説得すればよかった。(みずいろ、61歳)

・結婚を機に退職して以来、専業主婦をしていた。子供が中学生になった40代の頃に再就職していれば、生活にもっとハリがあったのかなと思う。(ぱんちゃん、57歳)

仕事そのものにやりがいがあるのはもちろん、少しでも収入があれば、やりたいことやできることの幅が広がります。少しでも迷っているなら、一歩踏み出してみませんか?

傾聴すべき先輩からのアドバイス! 40代のいまだからこそやってほしいこと

体の不調が如実にあらわれ始める40代。いままで以上に努力しないと、明るい老後は迎えられないかも!? 子育て以外にやりがいを見つけることも大事なようです。

最後に、先輩女子からいまの40代女性へ贈る、厳しくもあたたかいアドバイスの数々を紹介します。

・病気になりにくい生活を心がけること。体の定期的な検診を受けること。(みんみんぜみ、54歳)

・運動は大事! プロポーションの変化はドドドッとくる。毎日の積み重ねが大切。(ひろりん、58歳)

・ある程度、老後を考えた資金計画を立てたほうがいい。(buu、65歳)

・結婚していて幸せではなければ、早めに決断するべし。(もとこ、54歳)

・40代が“おばちゃん化”するかどうかの分かれ目だと思う。素敵な人のそばで影響を受けよう。(ぴろりんこ、51歳)

・「もう40」と諦めるよりも「まだ40」だとチャレンジ精神を捨てずにいてほしい。(くよっきー、55歳)

・しっかりと先も続けていけるような職に就くといいと思う。(hirofkin、52歳)

・年金生活になると苦しくなると思うので、そのことを念頭において暮らしてほしい。(そっ君、56歳)

がむしゃらな20代、多忙な30代、少し大人の余裕が出る40代。過去にやってしまったことはもう変えられないけれど、これからやりたいと思っていることをやらずに後悔するのだけはもったいない! 人生の先輩たちのありがたい言葉を励みに、新しい一歩を踏み出してみてはいかがでしょう。

(ライター/カネコミツエ)

/ 2020.01.14