退院の日にやっておけばよかったと思うこと

産後は、すぐに母子同室となりました。20時間近くかかった出産でボロボロの体。体力を回復する間もなくそのまま始まるはじめてのお世話。

授乳しておむつを替えて抱っこして寝たと思ったらすぐ起きてまた泣いて…退院までの5日間、ほとんど寝ることすらできず、赤ちゃんを育てることの大変さを突きつけられました。

ついに退院の朝がきても、これからちゃんとやっていけるのかと不安が押し寄せます。体の痛みと眠気と不安で、実家から迎えにきてくれた楽しそうな家族との温度差を感じ、いらだってしまうほどでした。睡眠不足でもうろうとしたまま、退院着のわが子を抱いて帰りの車に乗り込みました。

そして退院して何日かたってから、急に思い出しました。

あ、記念写真撮るの忘れた

病院の玄関でみんなで撮ろうと思って、退院着やおくるみも気に入ったものを選んでいたのに。

後日その日のことを夫と話していたら、記念写真撮ろうなんて言い出せる雰囲気ではなかったそうです。「車内のピリピリ感は、補導された娘を警察に迎えに行った帰り道のようだった」と言っていました。

いま思い出しても、あまり記憶がない退院の日。その日に戻れるなら、せっかくだから記念写真くらい撮りたかったなあ。

この記事を書いたライター

ライター一覧 arrow-right
かめかあさんさん
絵日記・漫画家

北海道から上京したのんびり夫婦+リクガメ+息子で暮らしています。結婚10年目の2019年8月に、息子ごんさんを出産しました。妊娠中からインスタグラムで絵日記を描いています。コーヒーとハンドメイドが好きです。

かめかあさんさんの記事一覧 v-right