あまり外に出られず、家で過ごすことの多いこの頃。せっかくなら、創造性豊かにクリエイティブな遊びを楽しめるといいですね。今回はおそらくどこの家庭にもある素材「折り紙」を使った遊びのアイデアを紹介します。

index目次

折り紙の楽しみは「折る」だけじゃない!


今回の材料は、おそらくどこの家にもだいたいある「折り紙」です。折り紙の本来の使い方はもちろん「折って」造形することですが、他にも使い方はたくさんあります。今回はあえて「折る」以外の使い方を「年齢別」に考えてみます。

対象年齢:2~3歳 直線「だけ」でできる切り絵

ハサミを使い始めた2歳半くらいなら、簡単な切り絵を作ってみてはどうでしょうか。そもそも折り紙を「折って、造形する」には少し早い年齢なので、切って遊ぶ方が楽しめると思います。直線切りに慣れてきたら、ぜひ切り紙を取り入れてみてください。

以下の作品は、どれも1回もしくは2回ハサミを入れるとできる形です。いろいろな切り方を試してみて、偶然できる形を楽しむのもよいですね。

マジックで引いた線に沿って、切り落とすとこんな形ができます。

それらを組み合わせて、こんな作品を作ってみました。

今度はこんな形に切りました。

チョウチョと花になりました!

お次はこんな形。

花束ができました。

対象年齢:3歳~ 曲線の創作切り絵

曲線を切れるようになってきたら、切り紙の可能性は無限に広がっていきます。折り紙を折って、数カ所を切るだけでこんな切り紙ができますよ。

準備

最初に折り紙を折ります。三角折りを2回、さらにそれを3つ折りにします。

  1. 三角折りを2回折ります。
  2. 三角折り1回目
    三角折り2回目
  3. 3つ折りにする
  4. このように3分の1に畳むと3つ折りになります。
    これで準備完了です!

さっそく創作してみます

花を作ってみます。マジックで書いた線をハサミで切ります。

開くとこんな感じです。

少しシンプルすぎるので、もう一度畳んで、切り込みを増やすことにしましょう。左右に新しい切り込みを1カ所ずつ増やしました。

開くとこうなりました。先ほどとは随分印象が変わって、華やかになりました。

やり方がわかったら、どんどん実験してみます。

今度はこんなふうに切ってみます。

開くとこんな形になりました!

すでにお気づきと思いますが、左右ともどこかが繋がっていればどんな形にしてもいいのです。子どもと一緒にあれこれ実験してみましょう。

次は少し難易度が上がりますが、好きな数字を書いてみました。7と3です。

少し複雑な形でしたが、なんとか切りました。

開くと不思議な形に!

好きな模様を書いて、どんな形ができるか試してみてください。

対象年齢:4歳~ パズル遊び

同じく折り紙を使って、とてもシンプルな「パズル遊び」はいかがでしょう。同じ形の3角形を組み合わせて、できた形を楽しむというものです。

はじめに、好きな色の折り紙をこのように折ります。

折り線に沿って切り離します。

1枚の正方形の並び方を変えるといろんな形ができます。ここでは8枚の三角形を全て使い切って形を作っていますが、子供の発達の段階に合わせて枚数を減らしてみても構いません。

表・裏をうまく使って2色使いにするとさらに面白くなります。

親子で面白い形を作りあうのも楽しいですし、一緒にひとつの形を作ってみるも良し。「こうしたらどうなるかな?」と声をかけながら、楽しさを味わってみてください。面白い形ができたら、紙に貼ってとっておきましょう。

慣れてきたらさらにチャレンジ

もう1枚追加して、さらに複雑な形を作ってみるのはいかがですか。

対象年齢:5歳~ パズルのアレンジ技

パズルが好きなお子さんには、正方形の切り方を変えて遊んでみるのもありです。あらかじめ完成形(問題)を用意しておいて、お子さんに解いてもらいましょう。

1例として、こんな形にカットして8ピースのパズルを作りました。形は色々とアレンジできますが、ピースが増えるに従って難易度があがりますので、切る回数をあまり多くしない方が良いでしょう。※耐久性を考慮して、今回は厚紙で作りました。

問題例

問題ができたら紙に形をトレースして、お子さんに渡しましょう。上からピースを乗せて使います。

子どもの興味や発達の度合いに合わせて、難易度を調節したりアレンジを加えて遊んでみてください!

この記事を書いたライター

ライター一覧 arrow-right
堀田はるなさん

モンテッソーリ原宿子供の家・モンテッソーリすみれが丘子供の家教員、保育士。アパレル業界、eコマース、金融など様々な業種でのマーケティング業務を経験後、教育の道へ転身。日本モンテッソーリ協会承認モンテッソーリ教員免許取得。著作「子どもの才能を伸ばす最高の方法 モンテッソーリ・メソッド」。

堀田はるなさんの記事一覧 v-right