3人のママと8人の子どもたち

私は三姉妹の長女で、徒歩圏内に三女が住んでいます。次女はバリで働いていますが、コロナ禍で仕事が暇になってしまったため、諸々の事務手続きなどもあり1カ月ほど帰国することになりました(PCR検査三回受けたそうです!)。

宿泊場所は三女の家、またはわが家。パパは仕事で遅いし……これはもう、毎晩パーティするしかありません。ここ数年は、三姉妹ともに配偶者の転勤やら引越しやらで、あちこちに散らばっており、そこに出産も重なってきて旅行も難しくなると、全員が一斉に集うことはほぼ不可能でした。

子どもたち8人は初めて全員が顔を合わせることができました。上は小2から下は6カ月まで、全員集まるとうるさいのなんの!

うるさいけれどママ1人のときより100倍ラク!

帰宅した子どもたちは一斉に遊び始めます。その間に親はご飯を作るのですが、ママが3人もいると、1人が子どもの見張り役で散歩させたりして、子どもたちを外に連れ出せるので、まあラクなことラクなこと!

毎晩ケンカの仲裁をしながらご飯を作っていたことを思えば、子どもの邪魔なしならギョーザ200個作るのさえも朝飯前です。

子どもも妹よりも自分に年齢が近い従姉妹と遊ぶ方が楽しいようで、目一杯遊んで夜はコテっと寝てしまいます。ただ、6カ月の新人君だけは偽ママが一人増えて戸惑いを隠せない様子でした。

この記事を書いたライター

ライター一覧 arrow-right
かんべみのりさん
絵日記・漫画家

MBA漫画家。著書に「日本最大のビジネススクールで教えているMBAの超基本」など。5歳2歳姉妹のママ。手帳・連絡帳の育児日記を毎日Instagramにて更新中。

かんべみのりさんの記事一覧 v-right