毎日驚くほど汚れる子どもたちの服にはウタマロ石けんが大活躍!今までさまざまな使い方を模索してきました。サッと使え、サッと乾き、最後まで使えてブラシも不要!そんな理想的な使い方がオクラ・枝豆ネットで実現しました。

index目次

使うもの

  • ウタマロ石けん
  • オクラ・枝豆が入っている緑のネット
  • あれば便利なクリップ ※写真はハンギングステンレスピンチ(seriaで110円)
  • クリップは、ウタマロ石けんの乾燥に便利です。少しでも手間をはぶきたい私は、ピンチが付いたままで洗うことが多々あります(笑)。


ネットにウタマロ石けんを入れて、ピンチをつければ完成!

ズボラ主婦の使いかた

毎日これくらいの服がウタマロ石けんのお世話になっています。

さっそく泥汚れのついた体操服を洗っていきます。 

まずは水洗い

まだ汚れが残っています。接着剤(!?)が固まったような汚れもあります

出番です


ネット入りのウタマロ石けんで洗っていきます。優しくこするだけで汚れが落ちました。取れない部分は手でもみ洗いします。

頑固な汚れには


それでも残った汚れには、ブラシがわりに上部分のネットで洗います。ブラシに劣らず、汚れがよく落ちます♪
※繊細な生地は痛めてしまう可能性があるのでお控えください

水で流すと見事に落ちました!気持ちいい♪
 

ピンチで吊って完了

ウタマロ石鹸も水で軽く洗って吊っておきます。これで石けん特有のヌルヌルっとしたものを見ずに済みます。

オクラ・枝豆ネットに出合ってから

2年前までは、石鹸置きやウタマロ石けんの専用ケースを使っていました。

ウタマロ石けんの色がケースについたり、乾かさないとヌルっとしたものが石けん置きに出来たりと、ズボラながらに悩んでいました。そしてウタマロ石けんが小さくなってくると洗いづらくなりませんか?毎日使っていたので「何かいい方法はないかなぁ~」と思っていたときに目に止まった緑のネット!「これだ!」と思い使ってみると最高すぎたのです。

ここがいい!ポイント4つ

  1. 水を取り切らなくても乾いてヌルットしない
  2. 緑のネットのおかげか、ウタマロ石けんの色が目立たない
  3. 小さくなって、無くなるまで使える!無くなってもネットにウタマロ石鹸が残っているので最後の最後まで使える
  4. ブラシ不要。ネットの部分でゴシゴシ洗える
  5. 上記の4点がズボラな私にピッタリでした。ビジュアルは少々悪いですが、良い点が多すぎてやめられません。ちなみに人が来る場合は、ピンチごと人目に触れない所へサッと移動します(笑)。

    ネットは消耗品なので、破れたら入れ替えればOK。捨てるネットにウタマロ石けんがついているので、ついでにお風呂場や上靴を掃除して捨てています。

    今まで捨てていたネットが、こんなに使えるなんて!

この記事を書いたライター

ライター一覧 arrow-right
あずきさん

ぶっ飛び主人・ヤンチャな3人の息子達・典型的なミーハーな私の、慌しくも楽しいアクティブ家族です♪ただいま育休中で、お家の生活を楽しんでいます。小さな幸せを、お届け出来たら幸いです。

あずきさんの記事一覧 v-right