髪留めとしてはもちろん、エコバッグを留めたり、リフトバンドにしたりなど、ちょっと遣いができるかわいい飾りゴムの作り方です。 簡単に作れるので、子どもと一緒に好きな柄でチャレンジしてみてください。

ちょっとしたハンドメイド品を作りたい

ミシンは使用せず、子どもとおそろいで何か作ってみたいな…。そんなときにオススメなのが、「くるみボタンゴム」です。
端切れ程度の生地と、100均で買えるキット、ヘアゴム、丸パッチンの4つがあれば、慣れると10分程度で制作可能。園のお祭りやバザーなどの商品に使えるほか、子どもが年長ぐらいになると、一緒に作ることもできます。今回はそんな「くるみボタンゴム」の作り方を紹介します。

用意するもの

※ここでは2個分1セットとしての材料を記載します

  • 生地…端切れ程度でOK。作りたいボタンの倍のサイズがあれば大丈夫です

  • ヘアゴム…直径3mmの物 ※ここでは長さ20cm×2で作成していますが、好みの長さで作成してください
  • くるみボタン製作キット付…1セット
  • 丸パッチン…1セット ※ここでは丸ゴム直径3mm用を使用
    丸パッチンは100均または別の名前で通販などでも購入できます(ダイソー/110円)

作り方

  1. 「くるみボタン製作キット」に付いている型紙を使用して、生地を2個分裁断する

  2. ゴムを20cmの長さ2本に裁断する

  3. 裁断した生地の中心にボタンを合わせ、キットを使用して生地をはめ込む
  4. くるみボタンの裏側パーツを、キットを使用してはめ込む



    キットから外し、くるみボタンが完成します
  5. ゴムをくるみボタンに通す
  6. ゴムパッチンを説明書に書いてあるように重ね合わせて留める

    ゴムパッチンは一度留めるとやり直しが効かないで要注意。説明書通りにゴムをかませて留めることが失敗しないコツです

  7. もう1つも同様にして作り、完成
  8. 使い方

    髪の毛をまとめるほか、お弁当やエコバッグの留め具、台所でのリストバンドとしてなどにも利用できます。
    気軽に作れるので、私は何個か作り、よく使用するバッグなどにもそれぞれ1セット入れておき、必要な時に使用しています。

    市販の物より窮屈でないので、リストバンドとしても愛用しています

    ここでは総柄の生地を使用しましたが、小花柄やチェック、水玉模様で作っても可愛いです。娘からは好きなキャラクター柄で作ってほしいと言われて作りました。
    キャラクターものなどの場合は、ボタン表面に出したい柄がくるように注意して作成してください。またくるみボタンキットもサイズ違いで色々あるので、作りたいサイズで作成してみてください。

    使用する生地も少なくて出来るので、たくさん作ってバザーの商品やプレゼントのおまけにしても良いですね

この記事を書いたライター

ライター一覧 arrow-right
akkoさん

4歳のおてんば娘と、多趣味で自由人な旦那、野生0で甘えん坊な猫2匹暮らし。ぬいぐるみデザイナーとPCインストラクターの経験から、趣味兼実用で、お手軽で役立つモノ作りを趣味にしています。

akkoさんの記事一覧 v-right