登園拒否は突然に

わが家の長女、るる子はただいま幼稚園の年中さん。未満児(満3歳)の頃から通いはじめて約2年の間、毎日楽しく登園していました。昨年は新型コロナで出席停止になった日を除いて皆勤賞。

年中に上ってからも給食で食べられるものが増えたと喜び、お友達から心のこもった手紙をもらったと笑顔で報告し、季節ごとのイベントを楽しんできました。そんなるる子がある日…。

幼稚園、行きたくない…

「今日は幼稚園、行きたくない…。ママと一緒にいたい」と言い出しました。しかし私にとっては慣れたもの。笑顔で「じゃあ今日はお休みしようか!」と提案します。

というのも、実は今までにも家を出る直前になって「今日は幼稚園行きたくない!」とぐずることはよくあったのです。そして毎回「それなら休んでいいよ」と母に返され「やっぱり行く!」と前言を撤回し、何事もなかったかのようにニコニコご機嫌で幼稚園に行っていたのでした。今回も同じパターンだと思い、軽く返事をしたところ…。

本気だった!

「うん、休む」その目は本気でした…。毎日あんなに楽しそうに通っていたのに、いったいナゼ?次回、るる子の口から理由が語られます…。

この記事を書いたライター

ライター一覧 arrow-right
けろまい まいこさん
絵日記・漫画家

なんとなく適当に生きている主婦。特技はゴロゴロすること。苦手なものは家事全般。同い年の夫&5歳の長女&1歳の双子との日常をゆるゆるお届け。

けろまい まいこさんの記事一覧 v-right