入学準備に欠かせない物の一つ「防災頭巾カバー」。大きい物だから作るのは大変そう…と思いがちですが、小学校から配られた作り方が簡単だったので、ご紹介します!学校指定の方が「少し大きい」&「少し小さい」などの心配もありません。

index目次

【STEP1】布選び

手作りの基本は、布選びから。布選びのコツについては、以前の記事「入園入学時の布小物、失敗しない生地選びのコツを知っていますか? 」を参考にしてください。

私は上の子の防災頭巾カバーを作るとき、一般的に使用されるキルティングを使いました。しかし、1年で背もたれにかける部分と本体の縫い合わせ部分がほどけたり、キルティングの布地自体の糸がほどけたりでボロボロになったため、ビニールコーティングの布で作り直す事に…。

現在、使用2年目ですが全くほつれずに、問題なく使えています。そのため、個人的にはビニールコーティングの布がいいですが、厚めの布地で作るのもOKだと思います。

【STEP2】裁断

学校からのプリントに書いてあったサイズで、本体50cm×80cm、フタ50cm×20cm、背もたれにかける部分(以下背部分)50cm×25cmに裁断します。

持ち手をつける場合は8cm×35cm(こちらは幅2.5cmの持ち手用テープでもOK)も裁断しておきます。

防災頭巾カバーは大きく、サイドバッグに入らないため、個人的には持ち手を付けた方がいいと思っています。フタを留めるために幅2.5cmのマジックテープも用意しておきましょう。

【STEP3】布端の処理

ビニールコーティングの布地は布端のジグザグミシンは必要ありません。その他の布地の場合は、本体は80cmを2辺、フタは50cmを1辺と20cmを2辺、背部分は25cmを2辺、ジグザグミシンで縫っておきます。

【STEP4】フタ部分を作る

フタ部分20cmを2辺、1.5cm折って縫います。ビニールコーティング生地は、まち針を使うと布に穴が開いてしまうので、100円ショップの木製洗濯バサミで留めていますが、それ以外の布はまち針で大丈夫。

50cmの辺も1.5cm折って縫います。

【STEP5】本体と背部分の上部を縫う

本体の上部を3cmの3つ折りで縫います。

背部分は上部を1.5cmの3つ折りで縫います。

【STEP6】本体、背部分、フタ部分を合わせる

本体を一番下に表向きに置き、背部分を表向きに重ね、フタ部分は裏向きに重ねます。フタが本体・背部分と長さが合いませんが、問題ありません。それぞれ端から1.5cmの場所に置きます。

本体の下部分にこれら3枚が重なっているのを確認し、下から1.5cmの所を縫います。くれぐれも、本体・背部分の上部(3つ折り縫いした個所)が下になっていないように確認してください!

ミシンの針から1.5cmの場所にマスキングテープを貼って目印にすると、布に線を書かずにまっすぐ縫うことができます

フタのみをめくり、先ほどの縫い代を本体側に折りこんで、先に縫った部分より0.5cmほど内側(写真の黒い線)を縫い、縫い代を固定させます。

この際、本体・背部分とフタ部分を左右に軽く引っ張りながら縫うと、仕上がりがきれいですよ。

【STEP7】本体を完成させる

本体を中表に折り、両脇1.5cm部分を縫います。

表に返したら、本体は完成!

【STEP8】マジックテープを付ける

マジックテープを5cmに切り、本体とフタに2つずつ縫い付けます。本体の端から8cmのところに付けるとバランスが良くなりますよ。

フタにふわふわな方を縫い付けると、防災頭巾を出す時に引っかかりづらくなります。本体への縫い付け場所は、フタを自然に閉めて重なるところです。少々縫いづらいですが、違う布を巻き込まないように気を付けてくださいね。

【STEP9】持ち手を付ける

持ち手を作る場合は、裁断した布を半分に折ります。一度開いて両端を先ほどの折り目に合わせて折り、再度半分に折ります。

両端をミシンで縫います。

持ち手(または持ち手用テープ)の両端をそれぞれ5cm折り曲げ、本体とフタの間に置き、両端から10cmの場所に縫い付けます。

折り曲げた部分の端が出てこないように5.5cmのところを縫うのがポイント

完成!

防災頭巾もいろいろなサイズの物がありますが、下の子どもの幼稚園で使っている物もしっかり入りました!

よろしければ、上記を参考に作ってみてください。

この記事を書いたライター

ライター一覧 arrow-right
吉田聡子さん

長男(9歳)、次男(6歳)の母。管理栄養士の免許を持ち、趣味はハンドメイドです♪美味しい物大好き!皆で楽しめる物を日々探しています。

吉田聡子さんの記事一覧 v-right