卵と牛乳を使わないクッキーのレシピです。代わりに片栗粉、豆乳、サラダ油を使用し、サクサクしたクッキーに仕上げています。保育園では後期食から提供しています。甘さも控えめで、優しい味のクッキーです。

材料 約20枚分
小麦粉
70g
片栗粉
25g
砂糖
40g
調整豆乳
30g
純ココア
2g
サラダ油
15g

作り方
所要時間25
STEP1
小麦粉と片栗粉は合わせてふるっておく。
STEP2
ボールに、砂糖と調整豆乳を入れ、よく混ぜる。混ざったら、粉類、サラダ油を入れてひとつにまとめる。
※生地がゆるい場合は片栗粉を入れて調節する。
STEP3
生地を半分にわけて、片方にココアを混ぜる。
STEP4
適量の生地をとり、丸めてマーブル状に形成する。今回は約3㎝の丸型です。
    
今回はスティック状も作りました。同じく丸めてから、手のひらでコロコロ転がして約10㎝の長さに伸ばします。

STEP5
170度に予熱したオーブンで15分焼いたらできあがり!焼き時間は各家庭のオーブンで調節して下さい。

レシピエピソード

卵や牛乳アレルギーの子どもに、見た目も他の子と変わらない、サクサクしたクッキーを提供したくて、このレシピになりました。
少し固めのクッキーなので、咀嚼の練習にもなります。
3歳児以降は丸型クッキーでの提供ですが、乳児は丸型クッキーよりスティック状の方が、自分で持って食べられるのでオススメです。

この記事を書いたライター

記事一覧
小林 翠さん

栄養士、幼児食アドバイザー、インナービューティーダイエットアドバイザー。保育園栄養士として勤務。6歳と4歳の子を持つワーキングマザー。あんふぁんメイトブログ