静かなときこそ怪しむべし!

4月になり、子どもも親も新生活が始まった家庭が多いかと思います。わが家の子ども達が通う小学校の学童と保育園も、新入生の顔が見え始めました。

学童は入学式よりも前から1年生が利用し始めていて、一緒に付き添うお母さんも緊張!1年前の初々しいねーねーちゃん(新・小2)と新米小学生ママになった自分のことを思い出します。

わが家の末っ子・かっちゃんも0歳クラスから1歳クラスに進級し、すでに我が物顔で新しいお部屋で遊んでいます。0歳クラスのお部屋に比べて、おままごとグッズや絵本がパワーアップして、大変お気に入りの場所になっているようです。

そんな1歳児、家では1人で黙々と遊ぶことはまだ少ないのですが、たまーに、物陰に隠れてすごく静かなときが。あれ、いつもは「かあか(お母さん)~!」と呼んだり、すぐに違うところに行ったりするのに…。

母レーダー、ピピーン!!アンテナ バリ3(古!!)

これは何かやらかしているのではという、なんとなくの予感。静かに駆け寄ると、ほーらやっぱりね!!

母の化粧道具で自分なりにオシャレしておりました(涙)朝のドタバタ時にこれをやられると、なかなかパンチがあります。

静かにしているからいいな~、なんてずっと目を離していたらもっとすごいことに、むしろ危険なことになっていたかも、と思うことでまだこれで良かったとなんとか心を落ち着かせる必死な母。

異様に静かなときほど、何か事件が起こってますよね。朝からシャワーでスッキリ、せっけんのいい香りに包まれて登園した、オシャレなかっちゃんでした。

この記事を書いたライター

ライター一覧 arrow-right
サカキさん
プラチナライター

大学卒業後、食品メーカーで出会った同期と結婚(現夫)。転職して現在の職場で3回も育休を取る図太い会社員ママ。夫は営業マンで不在がち、小学生と保育園児2人を抱えて毎日大騒ぎ!

サカキさんの記事一覧 v-right