保育園ママ7年目、先輩になってしまった

春の入園・進級がスタートしてから半月ほど。わが子達も新しいお部屋での生活に慣れて参りました。

数えてみたら、今年で保育園ママ生活も7年目、ずいぶんたくましいワーママになってしまったような。

末っ子かっちゃんのクラスのお友だちは、上にきょうだいがいる子と第1子がちょうど半々という構成です。

そんなかっちゃんの1歳児クラスに、毎朝会うパパさんがいます。娘ちゃんは第1子で、昨年度の0歳クラスから一緒で毎日パパが保育園に送ってきています。そんなパパさんをいつも心で拍手しております(うちは…。と遠い目)

私が保育園のお部屋に着くなりドタバタとかっちゃんのお支度をして、雑ながらササッと手早く済ませると、隣で見ていたパパさんから

先輩!勉強になります!

と、褒められました。

月曜日にお布団カバーをかけるときのスピード感や、効率の良い動きであちこちのお支度セットを配置していく躍動感(?)を評価頂いたようで、わーなんか恥ずかしい。

そんなに玄人感出ちゃってましたか?と自問自答。

確かに、自分自身も保育園ママデビューしたての頃は、先輩ママに色々教えてもらっていたな、と思い出しました。

パイセン(先輩)として、よいお手本になっているかは微妙ですが、皆こうして保育園生活を満喫できるようになっていくのかな~と。

私より先輩ママ(小学生や中学生の子がいる友人等)いわく、保育園ママ達の絆って一番深いかも、とのこと。確かに、毎日保護者が顔を合わせるのって保育園までですもんね。

保育園ママ(パパ)の先輩後輩関係ってちょっと素敵、と思いました。

この記事を書いたライター

ライター一覧 arrow-right
サカキさん
プラチナライター

大学卒業後、食品メーカーで出会った同期と結婚(現夫)。転職して現在の職場で3回も育休を取る図太い会社員ママ。夫は営業マンで不在がち、小学生と保育園児2人を抱えて毎日大騒ぎ!

サカキさんの記事一覧 v-right