天使のような悪魔の笑顔

みーたんを連れて行くのは、できるだけ避けたい場所。それは、コンビニ!!

雑誌コーナーに置いてある絵本。雑貨コーナーに置いてあるおもちゃ。お菓子コーナーに置いてある、おもちゃ付きのお菓子…!!

どれもこれも、子どもの目線に絶妙に陳列されているんだから、まったくコンビニさんの戦略とは恐ろしいものです。

そして、その術中にみごとにはまるみーたん。おまけに、「これ買って!!」と、直接訴えるのではなく

あれぇ~。こんなところにこんなものが!これ、一体なんだろう~っ !?

と、遠回しに商品のアピールをしてきます。(まるで事件の証拠を見つけた眼鏡&ちょうネクタイの少年探偵のごとく)。

しかし、その手に毎回乗っていたら、わが家の家計はコンビニ破産してしまうので、「ほんまやな~。すてきやな~。でも、母さんお金ないから、買えないわぁ~」とやんわり断ります。

しかしそこで引き下がらない!

父さんにお金を借りて買えばいいじゃない。

まさかの父さん召喚!!!「買えぬなら、借りてしまえ。ホトトギス」。そんなキラキラした瞳で…。おそろしい子!!

この記事を書いたライター

ライター一覧 arrow-right
まつざきしおりさん
絵日記・漫画家

数年前、瀬戸内海の小さな島に移住し、現在は島母ちゃんとして、絵・漫画を描いたりしながら、ゆるっと生息中。娘は、体力おばけ怪獣みーたん(5歳)。

まつざきしおりさんの記事一覧 v-right