教えてくれたのは

光永雅代さん

2003年柔道整復師免許取得。接骨院や整形外科に勤務。2児のママ。現在、接骨院の副院長をしつつ執筆活動も行う。骨格の知識に主婦の知恵をプラスしたエクササイズを提案。> 第5回SHUFU-1グランプリ > Instagram

動きに緩急をつけて。姿勢は正確に

  1. 足は肩幅に開き、内股で立つ
  2. ゆっくり腰を落として膝をくっつける
  3. 合わせた膝を素早く離し、腰を上げる

“ゆっくりと腰を落とし膝をくっつけ、一気に腰を上げて素早く膝を離す”
これを繰り返します。左右の膝がつかない人も、ギリギリまで腰を落とすことを意識してみてくださいね。

この運動では膝だけでなく、骨盤から膝にかけて走る筋肉(内側広筋と中間広筋など)を強化することができます。内側広筋や中間広筋がアップしてくると、膝回りはスッキリして美脚へ導きます。O脚の改善にもつながりますよ。

回数は3回×3セットほどでOK。回数よりも正確な姿勢で行うことが大切です。

正しい姿勢は膝をくっつける際、垂直に腰を落とすこと。誤ったやり方はお尻が出てしまっている状態です。鏡を見ながら行うといいですよ。

加齢にともない落ちてくる膝回りの筋肉。内股運動で脚をスッキリさせてみませんか?

※エクササイズは、その日の体調にあわせ無理のない範囲で行いましょう
※障害物がない安全な場所で怪我をしないように注意して行ってください

この記事を書いたライター

ライター一覧
光永雅代さん

接骨院の副院長を務める2児のママ。骨格のプロとしての知識に主婦の知恵をプラスした、ママにオススメなエクササイズを提案します。

光永雅代さんの記事一覧