お正月の賑やかさもひと段落すると、また日常が始まります。いつもに戻ることも、またうれしく思える日々。そんな「いつも」に、前もって作っておける一品があると、日々のご飯の準備に気が楽です。今回は作り置きができる自家製ハムのレシピをお届けします。

index目次

ご飯にもパンにも合わせられて、おかずにも晩酌のアテにもなる。しかも、どこにでもある身近な食材で、簡単に作ることができて絶品。添加物も使わないから、体にもやさしい。冷蔵庫にこれがあれば、ひとまず大丈夫。

今回は、そんな「自家製チキンの味噌漬けハム」レシピと、できあがったハムの楽しみ方、活用アイデアをいくつか紹介します。

自家製チキンの味噌漬けハムレシピ

今回は鶏むね肉を使っていますが、同じ作り方で豚肩ロースの塊肉で作っても、とてもおいしいですよ。

材料
鶏むね肉
1枚
肉の重さの1%
しょうが・長ネギ
各適量
A
味噌
70g
みりん
大さじ2
大さじ1
砂糖
大さじ1
作り方
STEP1
鶏むね肉の皮を取り、肉の重さの1%の塩(鶏むね肉が300gの場合、塩は3g)をまぶし、保存袋に入れて1~2晩、冷蔵庫で寝かせる
STEP2
鍋にしょうがの薄切りと長ネギのぶつ切り、1の鶏肉を入れ、肉がかぶるくらいの水を加えて、強火にかける
STEP3
沸騰したら中火にしてアクを取り、その後弱火で20分ゆでて火を止め、そのまま冷ます ※ゆでている途中で、湯が減ってきたら水を足し、常に肉が湯に浸かっている状態を保つ
STEP4
ボウルにAを入れてよく混ぜ合わせ、水気を切った3とともに保存袋に入れ、冷蔵庫に保存する。3~5日漬けると程よく味が染みる

食べるときは薄く切って器に盛り、白髪ネギを添えたり、柚子こしょうや和がらしを添えてみてもおいしいですよ

煮汁は旨味たっぷりのスープに

上記で紹介したレシピの3でできた煮汁。この煮汁には鶏としょうが、長ネギから出た、旨味と栄養がたくさん含まれているので、この煮汁も最後までおいしく食べられます。

煮汁と冷蔵庫の中の半端な野菜を使った、簡単スープのレシピも紹介します。

無理なく、いいこと尽くし♪

鶏だし野菜スープ

材料
鶏の煮汁
残った煮汁すべて
好きな野菜や冷蔵庫の中の半端な野菜
適量
ベーコン
好みの量
塩・こしょう
適量

作り方
STEP1
好きな野菜や冷蔵庫に半端に残った野菜を、食べやすい大きさにカットする。ベーコンもざっくりと短冊切りにする
STEP2
鍋でベーコンを炒め、カリッとしたら1の野菜を加え、少ししんなりするまで炒める
STEP3
鶏の煮汁を加え、野菜が柔らかくなるまで弱火で10分ほど煮たら、味をみて塩・こしょうで調味する ※ベーコンを使う場合、ほとんど塩を入れる必要がないくらい、よく味が出ます
STEP4
器に盛る。好みでパセリやクルトンをトッピングしても◎

ベーコンを使うとコクが出ますが、ベーコンを入れない場合は、鶏のだしとしょうがの風味、野菜の旨味や甘さをより感じることができる、やさしい味わいのスープになります。塩・こしょうで好きな味に調整してくださいね。

今回は、鶏の煮汁をスープに使ったレシピを紹介しましたが、ご飯を炊くときの水の代わりに、この煮汁を使ってもおいしいです!

鶏の煮汁としょうゆを少し、余ったきんぴらごぼうやキノコ類を、炊飯器に一緒に入れて炊くと、簡単に旨味たっぷりの炊き込みご飯ができますよ。

自家製チキンの味噌漬けハムの楽しみ方5選

自家製ハムができあがったら、そのまま食べたりパンに合わせたり、弁当に詰めたり晩酌のアテにしたり…。自分の好きな食材と合わせて、いろいろなバリエーションで楽しむことができます。わが家での食べ方をいくつか紹介します。

【1】そのまま薄めにスライス

シンプルにできあがった自家製ハムを、薄くスライスします。ハムをスライスするだけなので、待たすことなく朝食やおつまみ、夕食の一品に。好みで、タマネギのスライスや白髪ネギを添えてもおいしいですよ。

【2】サラダにトッピング

薄くスライスした自家製ハムを、適度な大きさに手でちぎり、サラダのトッピングとして使います。ドレッシング代わりに、漬けダレの味噌ソースを少しかけてもOK。

【3】自家製ハムのオープンサンド

軽くトースターで焼いた食パンの上に、レタスやトマト、自家製ハムのスライスをのせるだけで、簡単にオープンサンドができあがり!(写真左)

【4】自家製ハムとキノコマリネのピザトースト

自家製ハムのスライスとキノコのマリネ、ピザ用チーズを食パンの上に順番にのせて、トースターで焼くだけ。おいしさピカイチの絶品レシピです。(上の写真右)

キノコマリネは、下記のページでレシピを紹介しています。わが家の冷蔵庫に常備されている、心強い私の相棒です(笑)

「油揚げがもっと好きになるレシピ。香ばしさが最高!デザートにも変身」

【5】お弁当のおかずに

弁当箱に隙間ができてしまったときに、少し厚めにカットした自家製ハムが活躍してくれます。ハムなので、冷めた弁当でもおいしく楽しむことができます。

“楽してサボらない”ご飯作り

食べることも料理も大好き。でも、仕事や子育て、家事で手いっぱいで、今日は楽したいなぁ~…という日もやっぱりあります。

そんなときに、冷蔵庫の中のものを簡単にアレンジできたり、そのまま食べることができて、日持ちがする常備菜があると、本当に助かります。

やる気があるとき、ちょっと気持ちや時間に余裕があるときに、簡単に仕込みができる常備菜たちのレシピを、これからもちょこちょこ紹介したいと思っています。日々タスクが山盛りの大人の女性たちに、そんなお助けレシピで

堂々と楽してもらいたい!

です。

/ 2020.02.05

この記事を書いたライター

ライター一覧 arrow-right
ぷっちょさん
プラチナライター

専門分野である『食』に関する記事、生活の中に植物を取り入れた心豊かな暮らしのご提案に関する記事をお届けします。皆さまの小さな幸せ配達人になれますように!

ぷっちょさんの記事一覧 v-right