休日に意外と悩むのが子どもたちのお昼ごはん。今回は春休みのランチにもピッタリ!発酵なしで作る、時短かつ簡単なピザとチーズナンのレシピを紹介します。とても簡単なので親子で作ってみてくださいね。

普段忙しいパパやママたちが、お休みの日に1番悩むのは子どものお昼ごはんではないでしょうか?一人のときなら「残りもので」と思っている私も、休みの日になると4人の子どもたちのお昼ごはんに悩む日々。

そんなときに「良し!作ろう!」と思い立ったらスグ出来る、発酵なしのピザとチーズナン。

ピザは冷蔵庫の残りものをトッピングしてもOK。チーズナンはレトルトカレーで食べてもOK。たまには手を抜いて、簡単お昼ご飯を作っちゃいましょう!

発酵時間短縮!ワンボウルで混ぜるだけ簡単ピザ

材料(大きめのピザ生地2枚分)

  • 強力粉…200g
  • 薄力粉…60g
  • 砂糖…20g
  • 塩…5g
  • ドライイースト…6g
  • オリーブオイル…20g
  • 水…150cc

作り方

※写真は分量の2倍の量で作っています。

  1. ボウルに水以外のすべての材料を入れる
  2. 水を入れて木べらなどでぐるぐる混ぜ、粉っぽさがなくなったら台の上に出し、こねてキレイに丸める

  3. 4等分にして、丸めなおし、濡れふきんをかけて5分ほど休ませる
  4. ひとつずつ生地を好きな大きさにめん棒で伸ばす

  5. ピザソースをぬり、好きなトッピングをのせる
  6. 250度に温めたオーブンで15分ほど焼いて出来上がり

  7. 発酵なしで作れる!とろけるチーズナン

    材料(ナン生地8個分)

    • 強力粉…300g
    • 薄力粉…100g
    • 砂糖…30g
    • 塩…5g
    • ドライイースト…6g
    • 牛乳…260ml
    • マーガリン…20g

    作り方

    1. ボウルに牛乳とマーガリンを入れ、600Wで1分ほど温め、マーガリンを溶かす
    2. 粉類を別のボウルにすべて合わせたら、マーガリンを溶かした牛乳を粉のボウルに入れる

    3. さい箸でぐるぐる混ぜ、粉っぽさがなくなったら台の上に出し、こねて丸める

    4. ボウルにラップをかけ、レンジで200Wで約20秒温める。温めたらそのままの状態で10分ほど休ませる
    5. 生地をボウルから取り出し、8分割に丸める
    6. ひとつずつ生地をめん棒で伸ばしとろけるチーズを包む

    7. 包み終わったら、油をしかなくてよいフライパン(テフロン加工、セラミックなど)で焼き色が付くまでしっかり焼いていく

    8. 生地が生焼けにならないよう焼いて出来上がり

    9. 市販のレトルトカレーをたくさん用意して、レトルトカレーパーティーなどもしています。

      発酵時間を短縮することで思い立ったときにすぐ出来上がる簡単、時短のピザとナン。春休みのお昼ごはんにもピッタリ。とても簡単なので親子で作ってみてくださいね。

この記事を書いたライター

ライター一覧 arrow-right
まつだひとみさん

高校1年生男の子、小学5年生の女の子、小学3年生の男の子、2歳の女の子の4人の子ども達の母です!
旅行やキャンプが好きです!年の離れた4人の子ども達のために美味しいご飯を作ることを日々目標にしています!

まつだひとみさんの記事一覧 v-right