なかなか理解できない男の子の行動。意味不明なことや危険なことばかりで手を焼いていませんか? 実はその行動には男の子なりの理由があります。今回はその対応のポイントを紹介します。

index目次

男の子ってどうしてこうなの?

男の子って「なんでこんなことするの?」とママには考えられないような行動をしますよね。意味不明なことや危険なことなど、想像を超える行動ばかり。なので男の子って分からないと感じているママも多いはず。

ママと息子は「大人と子ども」「女性と男性」という対極の立場にいるので、女性であるママは、男の子の性質や行動が理解しにくいのかもしれません。

確かに理解不能な行動でも、そのほとんどが興味や好奇心からとる行動であり、彼らには彼らなりの理由があります。すべてがそうであるわけではありませんが、男の子ってこんな感じなのではないでしょうか。

男の子の特徴

好奇心旺盛

とにかく気になるものをなんでも触る。試しに動かしてみる。音が出るものやボタンなどの押すものが好き。あいている穴にはなんでも入れる。

目の前のものに興味を持つ

自分の目の前のものに興味を持つので、周りのことは考えない。自分の興味のあるものだけに集中する。興味のないものには見向きもしない。

活発で衝動的

すぐに走り出す。じっとしていられない。落ち着きがない。突然何かを始める。危ないことをする。ちょっとしたスリルが大好き。

いたずら好き

すぐにふざける。いたずらすることが大好き。下品な言葉を使う。すぐに裸になる。人の笑いをとるのが好き。

競争が好き

1番になりたがる。ヒーローや強いものが好き。戦隊ごっこなどで格闘する。ゲームで勝ちたがる。

汚れても平気

服やくつが泥だらけでも気にしない。道端に落ちているものをすぐ拾う。手を洗わない。

こだわりが強い

電車や車などにやたら詳しい。同じものばかりで遊ぶ。同じ服ばかり着る。虫などの生き物が好き。機械的なものが好き。

当てはまるものはありましたか。もしかすると「すべてが当てはまります!」というママもいるのではないでしょうか。でもこれが男の子なのです。男の子を育てるうえでは、まずは男の子ってこんな感じということを知っておくと、少しは気持ちがラクになるかもしれませんね。

困った行動はママのイライラの原因に

とはいえこのような行動は、ママにとってはイライラの原因。つい「ダメ!」「やめなさい」「何やってるの!」「もういいかげんにして!」とガミガミ叱ってしまいがちに。でも、頭ごなしに叱られると、子どもはその行動をやめるどころか、ムキになってさらにやり続けてしまうことも。では、どう対応すればいいのでしょうか?

困った行動の対応法

人は誰でも叱られるのは好きではありません。かえって、反発したくなってしまいます。子どもの困った行動にだけ目を向けて叱ってばかりでは、この状況は何も変わりません。これを変えるには、

できていることに目を向けて声をかけてあげること

特にほめるところを探す必要はありません。いまその場でしていることを言葉にしてあげるだけでOK。

たとえば、おやつを食べているなら「おやつ食べているんだね」、着がえているなら「着がえているんだね」というように。これによって、ママはボクのことを気にかけてくれていると感じてもらうことができます。

ママのたったひとことで、子どもの心は安定し、困った行動が少なくなっていきます。子どものやることに一喜一憂するよりも、男の子はそういうものだと割り切って、一緒に笑って過ごしていけたらいいですね。

この記事を書いたライター

ライター一覧 arrow-right
佐藤麻依子さん

23歳と19歳の男児2人の母。イライラママをニコニコママに変える子育てカウンセラー。「子育て3ステップ会話法®」を考案。著書『男の子のための魔法のこえかけ 3ステップしつけ法』。子育て心理学協会の「ココロ貯金®」講座も提供。イヤイヤ期・思春期・反抗期・受験期の悩みを解決します!

佐藤麻依子さんの記事一覧 v-right