高級スーパーのイメージが強い成城石井ですが、実はお手頃価格のものも多く、惣菜・スイーツ・自家製パンと、とにかくハズレがありません。何よりここでしか買えない味に出会えるのも魅力♪「行ったら絶対に買ってほしい!」をランキングにしてみました。

index目次

【第7位】まぐろなの!? チャーシューなの!?

見た目はお肉っぽいのですが、味は魚!チャーシューというよりは、あぶったマグロという感じです。

焼津中央水産「まぐろチャーシュー」720円

5cm×5cm、厚み3cmくらいのかたまりが3つ入っています。温めてスライスして、食べるのがわが家流。魚嫌いの子どもたちもこれはお気に入りです。

【第6位】だまされたと思って買ってみて!

「どうせ普通のスモークチーズでしょ」と思って食べてみると…、あら不思議。

「桜燻しのスモークチーズ」165g 410円

スモークがしっかりきいていて、口に入れるとふわっと風味が広がります。食べごたえのある食感、チーズのうまみ、なめらかさは全然「普通」じゃない!クセになること間違いなし。

【第5位】家では絶対に真似できない!

これを「私が作りました。」って言っても、誰ひとり信じないと思います。それくらいどちらも本格的な味です。

左「スパイシーカレー」/右「バターチキンカレー」 200g 431円

中でも「スパイシーカレー」は、まさに複雑なスパイスの効いた大人の辛さ!豆がいっぱい入っていて、どこを食べても具だくさんです。チキンと卵は私が添えました。アレンジも楽しめますよ。

「スパイシーカレー」

「バターチキンカレー」には、こんなに大きなチキンが!

「バターチキンカレー」

わが家では手作りのカレーより、こちらのレトルトのが断然喜ばれます(笑)!

【第4位】もはやパティシエクオリティ

これは、もはやスーパーのクッキーではありません!洋菓子店で売られているクッキーの味です。

「成城石井自家製サブレ プレーン(アーモンド&カシューナッツ)」250g 616円

洋菓子店だと、小さな袋に入っていて、2枚で100円とかするじゃないですか。それがこんなに食べられて、この値段!サクサクほろほろ、細かいナッツがアクセントになっています。形が微妙にバラバラで、ハンドメイド感があるのもいいです。

【第3位】季節ごとに変わる、隠れキャラ的なウマさ

ママ友に勧められてから、ハマってしまった一品。季節によって、トッピングのフルーツが変わるそうです。そのフルーツもちゃんとおいしい!

「ネーブルオレンジの杏仁豆腐」411円

上にのっているハニージュレも甘さ控えめで、フルーツを邪魔することなく、絶妙な組み合わせです。

【第2位】逆に安い!誰もが納得定番のアレ

この味・この量で、これはむしろ安い。安すぎます!そして、これがもし都内の洋菓子店で、1500円で売られていたとしても、私は買います。それほどおいしい!

「成城石井自家製 プレミアムチーズケーキ」854円

ぎゅっと濃厚なかためのチーズケーキに、スライスしたアーモンドとレーズンが入っていて、至福のひとときをもたらしてくれます。気づけば、1人で1本ぺろりと食べてしまう魔のスイーツです。

【第1位】これは甘党ホイホイです。購入率100%

成城石井に行ったら、絶対に買うのがこちら。某ファーストフード店に行かないと、食べることのできなかったビスケットが、まさに自宅で再現できるという、買えそうで買えなかったスイーツ。

「成城石井自家製 ホットビスケット 4個」362円

しかも、4個入りで362円という安さ。食べるときはトースト必須です!スコーンともパンとも違うおいしさ。シンプルな味なので、飽きがきません!

まとめ

成城石井で購入するものは、どれもおいしくてランキングにするのに、とても悩みました。

一昔前までは高級スーパーのイメージが強く、足を踏み入れたこともなかったのですが、最近は割とリーズナブルになっていて、何より数ある輸入商品や、自家製ブランドの中から、自分のお気に入りのアイテムを発掘するのは、宝探しのようで楽しい!

自分へのご褒美はもちろん、ちょっとしたギフトや手土産にも喜ばれます。公式ホームページにはオンラインショップもありますよ。

成城石井パトロールが止まらない!

※記事内の価格は購入時の価格です。また、店舗によっては取り扱いのないところもあります

この記事を書いたライター

ライター一覧 arrow-right
笹木眞江さん
プラチナライター

頑張らないがモットーの「ママ友いない系」ブロガー。子どもは小1(女)と年中(男)。ママ達の張りつめた気持ちをゆるめる和み系ブログ執筆中。

笹木眞江さんの記事一覧 v-right