餃子の皮を合わせて、折って揚げるだけ。その名も「UFO揚げ」。子どもがブーンと飛ばしたくなる、大人気の揚げ物おやつです。(64kcal、たんぱく質1.6g、脂質1.4g/2個当たり)。

材料 約10~13個分
ギョウザの皮
20~26枚
豚ひき肉
30g
ジャガイモ
中2個
しょうゆ
10g
砂糖
5g
適量
揚げ油
適量

作り方
所要時間20
STEP1
ジャガイモを適当な大きさに切り、耐熱容器に入れる。1/3くらいまで水を入れて、ラップをし、500wの電子レンジに5分かける。柔らかくなったらつぶしておく
STEP2
鍋にひき肉と調味料を入れ、火が通るまで炒める。炒めたら1と合わせるこのときに、味の最終調整を。好みでカレー粉やチーズを入れてもおいしいです!
STEP3
水(分量外)を用意。餃子の皮を置き、その中央に2を置く(今回は20gずつのせました)餃子の皮の端に水を1周つけて、上にギョウザの皮を1枚のせるまた、端に水を1周つけて、折り曲げていく
STEP4
170℃の油で揚げる揚げると、真ん中がプクーッと膨らんできます(油から上げるとしぼみます)
STEP5
こんがりきつね色になったら、できあがり片手で食べられるので、パーティーや持ち寄りの一品にもぴったりです。

レシピエピソード

見た目の形がUFOの形に似ていることから、「UFO揚げ」と呼ばれています。手で持って食べるおやつなので、みんな食べる前に「ブーン」と、目の前を飛ばしてから食べています。(笑)

このUFO揚げは、中身のアレンジが自由自在。今回のジャガイモのほかに、スイートポテト生地や餃子の生地を入れても、おいしいですよ。

UFO揚げのポイントは、油からバットにあげるときに、端を持つこと。真ん中の膨らんだところをつかむと、皮がやぶれてしまうので注意してくださいね。

この記事を書いたライター

ライター一覧 arrow-right
小林 翠さん
プラチナライター

保育園栄養士、幼児食アドバイザー、インナービューティーダイエットアドバイザー。小学生2人のワーキングマザーです。

小林 翠さんの記事一覧 v-right