世界一幸せな洗濯

出産を控えた妊娠9カ月に入ったとき、わが子の肌着やベビー服を準備しました。

さっそくパッケージをあけてみると、その小ささにびっくり!「こんな小さな服を着るんだ」。なんだかいきなり実感がわいてきました。

ベビー服は、購入したらまず「水通し」をすることが勧められています。はじめて使うベビー用洗剤のほんのりした香り、小さなハンガーに小さな服たちが並ぶ光景。

このはじめての水通しを「世界一幸せな洗濯」と呼ぶそうです。たしかにこんな幸せな洗濯ないかも!小さな服たちが愛しくてしかたなくなりました。

パタパタとたたむと、ハンカチくらいの小ささになってしまいます。「こんな小さくて、どうやってたたむのかなあ」なんて言いながら一枚一枚丁寧にたたみ、洋服カゴにおさめて出番を待ちました。

ちなみに「世界一幸せな洗濯」を終えたベビー服たちですが、産まれてしまえばそんなメルヘンなムードは吹っ飛びます。うんち、吐き戻し、うんち、吐き戻し…1日に何度も洗って干して。

きれいにたたんでいたのは最初だけで、くるくるっと丸めて洋服カゴに突っ込まれるのでした。

この記事を書いたライター

ライター一覧 arrow-right
かめかあさんさん
絵日記・漫画家

北海道から上京した結婚10年目ののんびり夫婦。7歳のリクガメと暮らしています。第一子となる男の子を妊娠し、インスタグラムでプレママ絵日記をはじめました。コーヒーとハンドメイドが好きです。

かめかあさんさんの記事一覧 v-right