娘のおねだり戦法

わが家の娘、2歳10カ月。2年と10カ月も生きているとだんだん知恵がついてくるようで、自分の要求を通すためにさまざまな手段を用いてくるようになりました。

要求といっても、そのほとんどは「お菓子ちょうだい!」ばっかりなのですが…。

以前はとにかくゴリ押し!

「おかーさん!おやつー!!」「もっとちょうだい!」「たべる!たべたいのー!!!」の3パターンを大声で連呼するばかり。

もう食べたでしょ、今日はもうナイナイよ
たべるー!おやつー!!
ダメ
ギャーギャー!

非常に単純なやりとりです。ガンガン攻撃的な物言いに対しては、こちらも強く出やすい。「ダメ」で一刀両断です。しかし…

カワイイ♥戦法で来られると…

近ごろの娘は一筋縄では行きません。ニコニコ笑顔で母の膝に飛び乗って来たかと思えば、先手を打ってほっぺにチュ♥

そして「おかーさん♥おやつ食べよー♥」「いっしょにたべよ♥」「はんぶんこしよ♥」

こ、断りにくい…かわいい…カワイイ…。

それでも心を鬼にして拒否します。

「さ、さっきいっぱい食べたでしょー?今日はもうナイナイしようね(この時点ですでにカワイイ作戦に引っかかってお菓子を2つあげている)」

このやりとりを何回か繰り返し、本当にこれ以上お菓子をもらえないとわかると、みるみる娘の眉毛はハの字に。

悲しそう〜な顔をして涙をポロポロ流します。そしてこれ見よがしにティッシュを1枚引き抜いて、漫画に出てくるお嬢様のように涙を拭き拭き。

悲壮感たっぷりに「おやつ…たべたいよう…たべたかったよう…」と悲劇のヒロインを演じます。

なんか私がものすごく酷いことしてるみたい…。それでも娘の健康とわが家の経済のため(そしてあとで自分がこっそり食べるため)、母はなんとか残りのお菓子を死守するのです。

ちなみに、夫にはこのカワイイ作戦ほぼ成功します。夫は娘に甘々なので…って、だから味をしめて毎回この手を使ってくるのか!!母と娘の戦いは続く!

この記事を書いたライター

ライター一覧 arrow-right
けろまい まいこさん
絵日記・漫画家

なんとなく適当に生きている主婦。特技はゴロゴロすること。苦手なものは家事全般。同い年の夫&3歳の長女&0歳の双子との日常をゆるゆるお届け。転勤族の妻。

けろまい まいこさんの記事一覧 v-right