カブは「どうやって料理すればいいのかわからない」と、少し手を出しにくい野菜だと思っていませんか?でも、ビタミンCが豊富なので、冬でこそ食べてほしい野菜のひとつ。大体は葉がついたまま売っているので、葉も一緒に食べられるレシピを紹介します!

材料(作りやすい分量)
カブ
4個
鶏胸肉
150g程度
ごま油
小さじ2程度
出汁
1カップ(200cc)
小さじ1/2
酒、砂糖、しょうゆ
各大さじ1/2
みりん
小さじ2
作り方
所要時間20
STEP1
カブは茎を2cm程度残して葉を切り落とし、皮をむいて4〜6等分に切る。カブの葉は熱湯で少し茹でて、水気を絞ってから小口切り。鶏肉は一口大に切る
STEP2
鍋にごま油を熱し、カブを加えて炒める。焼き色が少しついたら、出汁と酒を加え、煮立たせる
STEP3
5分程度煮たら、砂糖と塩を加え、鶏肉も加えて少し煮る
STEP4
鶏肉に軽く火が通ったら、醤油・みりんを加え5分ほど煮て、器に盛り付けたらカブの葉を乗せて完成

※保存の目安:冷蔵2~3日

大根とカブって同じ?

大根とカブの違いは「食感」。繊維が多い大根に比べて、カブは柔らかく味も淡白です。ビタミンCやカロテン、カルシウムも同様に含まれますが、カブには鉄分も含まれています。カブは柔らかいので、あまり火を通すと煮崩れしてしまうので、ささっと作ってしまいましょう。

“まとめし”の味付けは基本、1歳半の子どもでも食べられる味付けがベース。「大人には少々物足りないかも?」と思ったら、アレンジして味を変えてみてくださいね。

この記事を書いたライター

ライター一覧 arrow-right
しゅうちゃん(秘密結社 主夫の友)さん

専業主夫歴約20年!調理師免許を持つ“しゅうちゃん”こと佐久間修一が忙しいママ友たちのために考えた作り置き“まとめし”レシピを公開!

しゅうちゃん(秘密結社 主夫の友)さんの記事一覧 v-right