/ 2022.05.23

お手伝い大好きな年ごろ

わが家の姉妹は、ごはんやお菓子作りに関するお手伝いが大好きで可能な限り、一緒にやったり、任せるようにしています。今回は、夕食用のおいなりさんのお手伝いをお願いしてみました。

私が先に用意したのは、こちらです。
・すし酢(混ぜる係と仰ぐ係もお任せして、私が確認&仕上げ)
・味付きいなり
・具材(ゆでエビ・とびっこ・錦糸卵)

ひと通り、やり方だけ説明して、あとは完全に二人にお任せ!見ていると口出し、手出ししたくなるので、その間に私は同じテーブルの端っこで、ちょこっとお仕事。

聞こえてくる会話から、どうやら2歳の妹がいなりを開いて持っている係で、そこに5歳長女が酢飯を入れていく→そして一緒に具材を載せていくという役割分担(妹はつまみ食いもしている様子…笑)のようで、わいわいと楽しく作ってくれていました。

そして完成したのがこちら!!

つっこみポイントはいくつかありましたが、なかなかの出来に感動!
(※酢飯があまりすぎーーーーー!笑 いなりの存在感強すぎーーー!笑)

ぺろりと家族みんなでおいしくいただきました!余った酢飯と具材は、旦那のお弁当用にちらし寿司にするお手伝いもお願いして、本人たちも満足気。子どもたちも楽しめるし、私も助かるし(片付けは大変だけど…笑)一石二鳥!これからもどんどんお任せしていきたいなと思います。

この記事を書いたブロガー

ブロガー一覧 arrow-right
nimo*さん

元食品メーカー勤務のフリーライター。4歳と1歳の姉妹の母。趣味は食品工場見学で国内外問わず、200か所以上足を運んでいる。夫の転勤のため、17年11月より台湾高雄にて駐在生活中。そんな台湾での子育てライフをぎゅってWeb内“台湾あるある子育て絵日記”にて紹介中。

nimo*さんの記事一覧 v-right