/ 2022.05.25

今年こそフランス帰るぜよ!

みなさまは何を楽しみにお仕事頑張っていますか?私はそろそろ夏休みの計画を立てて(ちょい早い?笑)毎日何しようかな~?何着たらええかな~?なんて妄想して仕事頑張っています(笑)。

コロナは決して落ち着いていませんが…(汗)、三回目接種も終えたので今年こそ旦那さんの実家のフランスへ行くことを決めました。息子ちゃん初めての海外フランスや!とりあえずチケット探していざ予約しようとしたとき。

『あれ?息子ちゃんももちろんパスポートいるよな・・・・?』

そもそもパスポートないやん!ってここで気づくという(笑)。

幼子の証明写真っているん?

1歳半ってほんまによーうごく。というかじっとするということが理解できていない。どうやってパスポート写真撮るの?ってか写真撮るのとか無理やからいらんのちゃう?って勝手に思ってましたが、やはり要ります!(笑)

下記パスポート取得に必要な物。
・戸籍謄本
・母子手帳
・健康保険証
・パスポート用写真

さて写真を作成しましょう!

写真撮影1

証明写真機にて。お値段 900円。

一緒に証明写真機へ撮りに。チャンスは2回!一緒にちゃんと立てるように考えて工夫はしたが。。。結果は写真の通り。アカーン!

写真撮影2

スマホにて。お値段 200円。

こちらは家でスマホで撮りました。それをうまくパスポート用にできるアプリを友人に教えてもらいました。これならいけるやん!よし、撮るわよ!写真の腕は母にかかってる。

…ですがうまくいかず、すでに撮った写真から選ぶと無駄に時間がかかり。。。

口開いてるで?なんか中心あってる?なんか顔曲がってる?…考えだしたらきりがなく、これで大丈夫か不安と旦那さんが言う。共働きの私たちは時間がない。写真がダメだからという理由で写真撮影行き再びパスポートセンターにいくという非効率な行動は、アカーンという結論に。

写真撮影3

カメラのキタムラ。お値段 1800円。

着いた途端、プロのカメラマンがパシャパシャ何回も写真を撮ってくれるやないですか!息子ちゃんもまぶしくて目を閉じたりもしましたが、何度もシャッターを押してくれたのでここぞ!瞬間が撮れました。

『これパスポート写真に使えそうですよ、これはどうですか?』と何枚か使えそうなものを提案してくれて♪なんとお願いしてから10分ですべて終了。

無事にパスポートできたとさ(安堵)

子どもは5年のパスポートのみお値段6000円。大人は10年にして16,000円(みんな更新時期で家族まとめて!)お値段はかかりましたが無事に作成完了♪家族まとめて申請の場合は戸籍謄本一枚でOK。

また母によると私の地元大阪は市役所で今取得するそう。もちろん大阪パスポートセンターもありますが。東京はパスポートセンターで取得しますが地域によってちゃうのでぜひ調べて!さてさて航空券取らねば★

このバタバタ感も旅行計画の楽しみのひとつやな!

リンク一覧

この記事を書いたブロガー

ブロガー一覧 arrow-right
Yachiyoさん ママだって楽しみたい!仕事も子育ても遊びも何でもやりたい欲張りママ1年生♪

1歳(男)。大阪出身ママ1年生。大阪から東京に転勤し、フランス系(日本とハーフ)の旦那と出会い、気が付いたら男の子を出産。面白いフランス式の子育て方法や、夫婦のありかたなど書いていきます!
やりたいことはなんでもしたいと努力しすぎて時々疲れてるアラフォーです★

Yachiyoさんの記事一覧 v-right