のぞみに乗って子供3人を連れて帰省

先日、のぞみで1時間40分の距離にある実家に帰省しました。
それも大人1人と5才娘、3才息子、2ヶ月息子の4人です。
騒いだらどうしたらいい??と、不安だらけの帰省でしたが、色々策を練って結果的になんとか帰省できました。

新幹線にはいつ乗るのがベスト?

出発は土曜日の昼、東京駅に設定。品川駅でもいいのですが、子供の席を確保したいので、自由席を確保しやすい始発駅から乗ります。
昼なのは、車内で食事をすることで騒ぐ可能性のある時間を減らす作戦です。また、朝イチや夕方は比較的混むものの、昼は自由席の空きがあるので、心理的に子供の席を確保することに罪悪感がないというのもあります。
そして、あわよくば、お昼寝してくれるかも!?という期待も。
上2人は乗る直前にトイレに行き、2ヶ月の息子は授乳を済ませておきました。

とうとう新幹線に乗車!

まずは席の確保!3席の続き席を確保しました。
「わー、動いた!」と騒ぐ子供たちにお弁当を渡し、これでしばらくはご飯に夢中。
「唐揚げ食べる!」「お茶飲む~!」といいながら、普段食べない駅弁はとても楽しいようです。30分ほどかけて食べました。

新幹線の車内で1時間静かに出来る?

残りあと1時間。
ご飯を食べたあと、鉄っ子の息子は窓から景色を眺めて新幹線を堪能。見ているうちに眠くなってきたのか、座席に横になり、30分くらい眠りました。(やった!)
そのあと…。
娘が「トイレに行きたい!」。さすがに1人では行かせられない、でも子供3人連れていけない…そこで活躍したのがYoutube。
3才息子に席でスマホでYoutubeを見せている隙にトイレへ。
そのあとはYoutubeやクイズなどで時間をつぶし、飽きそうになったら小出しにお菓子やジュースを与えてなんとか騒ぐのを回避。無事に到着しました。
2ヶ月の次男は一度も泣かず、ずーっと寝ていました。(やったー!)動き出さない時期だからこそよかったのかもしれません。

事前に準備をすることで、今回は無事に乗りきれました。やればなんとかなるものですね。
ただ、気を張って疲れました…。

大変そうなことも、事前準備をしてやってみればなんとかなる!

この記事を書いたブロガー

ブロガー一覧 arrow-right
みさっちさん

フルタイム勤務をしながら、都内で5才娘と3才、0才の息子を育てている30代ママです。 こどもたちの「ママ大好き♪」に癒されながら、毎日バタバタ過ごしてます。

みさっちさんの記事一覧 v-right